« ディズニーリゾート三日目・二泊三日の最終日はシーへ! | トップページ | ディズニーの魔法はとけて、現実の世界にかえってきたという感じ(^_^;) »

知っている人、それもお世話になった人の死・・・

今日はタロウを保育園に預けた後、告別式に列席しました。比較的最近出来た、臨海斎場です。ここはモノレールの流通センターという駅から歩いて7分くらい、大田スタジアムの隣りにあり、ampmというコンビニが隣接していて、辺鄙な場所にある割には便利なところです。葬儀の会場もあり、火葬場があり、という斎場のようでした。

今日は、朝は久々のタロウの登園で、支度もたくさんあり、先生との会話もいろいろあり、しかも電車のダイヤの乱れで踏切が開かず、その電車に乗るのでさらに・・・で、一緒に行くはずだった人達との待ち合わせにしっかり遅刻してしまい、朝からバタバタしていました。

電車の中でも、お香典のことやら、お焼香のことやら、儀式自体に頭がいっていて、じっくりと『亡くなったかた』とのことを思い返す余裕もなかったのですが・・・。

葬儀が始まり、着席した状態での列席となり、そのかたの遺影を拝見し、そのかたが今、目の前の棺に横たわっていらっしゃるのか・・・と思ったところで、急に実感として、頭の中に入ってきました。

お坊さんの声などはあまり聞いていない中で、そのかたと交わした会話、会った場所、連れて行っていただいたところ、聞かされた食べ物へのうんちく、運転を褒められたこと、仕事で怒られたこと、病院へお見舞いに行った時のこと、退院された後に球場でお会いした時の痩せた体、そして以前の元気だった時のこと・・・と、思い返してみると、本当にいろいろあったんだなぁ、そして二度と会えない、会わない人になってしまったんだなぁ、と思って、悲しみが。。。。。。。。。。

一緒に列席した子達も、すすり泣いている子がいたので、やはりそれぞれに思うところあっただろうと思いました・・・。

このまま、遺影への、心の中での語りかけで、お別れになってしまうのだろうか、どうか一度お顔を拝見して、お礼を言いたい、これからちゃんとみんなで頑張っていきますからと誓いたいと思っていたら、お顔を拝見させていただける機会がありました。

もうその辺りから少しカーッと頭に血が上っているような状態になってしまって、周囲の人への配慮とかも考えず、スタスタ先頭を切って近づいて行ってしまい、でも長い時間一人で時間をとるわけにはいかないんだから、言いたいことをちゃんとスラスラと言おうなんて変な冷静な部分も中にはあったりなんかも、今考えるとしたのかな・・・。

やっとお顔を拝見できるところまで来て、棺の中へお花を置くのももどかしく、「Mさん、いろいろとありがとうございました。これからも女の子同士楽しく、ちゃんとやっていきます。ありがとうございました」と、ちょっと他の人が聞いても意味が分からないようなことを言い(しゃべり出したら結局涙がボロボロ出てきてしまったけれど、絶対に最後まで声に出して聞いてもらおうと言い切りました)、しっかり頭は下げて(たぶん)、そこを離れて、壁に向かって泣くのを抑えていました。

う~ん、情けない。ご遺族のかたが悲しくて泣いている目の前で、あんな状態になってしまって良かったのか・・・。

その後も、ご遺族のかたが、列席者にご挨拶される時にも、喪主である奥様の言葉に、つい、泣いてしまい、続いて聞こえてきた「各球場にもいると思って」という言葉に、グッときてしまって、本当は「うおーんうおーん」と声をあげて大泣きしたいようなところを、我慢して泣いていたら、子供が泣くのを我慢しているような情けない泣き声になってしまって、ご遺族のかたに変に聞こえないだろうか、周囲の人に迷惑になってないだろうかと考えて、我慢しようとすればするほど、とにかく変な状態になっていった私でした・・・・・・・。隣りに立っていた後輩の子が、軽くひじを持って支えてくれたのが、嬉しく感じました。

その後も、やもすれば泣きたくなる場面はありましたが、いつまでも、一日中泣いているわけにはいかないので、泣くのもやめ、友人たちにその人との思い出話をして泣きたいところも我慢して、過ごしました。変なヤツですね(^_^;)

帰宅したら、タロウに、意味が分からなくても聞いてもらって、少し泣きたいと思っていましたが、もう全くそんな余裕はなく、今日はご飯を投げ捨てられるわ、ジュースを床にぶちまけられるわ、体中にヨーグルトをこすりつけてるわ、もうそんなことであっという間にタロウを寝かしつける時間になり、終わってしまいました(^_^;)

仕事先には、亡くなったかたと同じぐらいの年齢のおじいちゃん達が多くいるので、これからもこんな思いを続けてするようになるのかしら、二度と会えないって嫌なことだなぁ、なんてとても不謹慎なことも思いつつ(^_^;)、ブログに書いて、一つのけじめにしたいと思って、これを書いています。

また時々思い出して悲しくなる時はあるだろうけれど、それの解決は自分にしか出来ないことですね。私もいつか死ぬ時がくるけれど、死んだ後、一気に何もなくなるって本当に不思議なことだと思います。脈が止まって?、脳波が止まって?、それで私自身はいったいどうなるんだろう? 本当に不思議なことですね、この世に生きているのって。

|
|

« ディズニーリゾート三日目・二泊三日の最終日はシーへ! | トップページ | ディズニーの魔法はとけて、現実の世界にかえってきたという感じ(^_^;) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79165/7022181

この記事へのトラックバック一覧です: 知っている人、それもお世話になった人の死・・・:

« ディズニーリゾート三日目・二泊三日の最終日はシーへ! | トップページ | ディズニーの魔法はとけて、現実の世界にかえってきたという感じ(^_^;) »