« ウルトラマンメビウスクリスマススペシャルショーへ | トップページ | JALスキーの旅程表が届いて »

『しあわせな王子』が読めない私

タロウが寝る時、薄い絵本を読んであげるようになっている今日この頃。布団に横になって、絵本を読んで、読み終わった後に『おやすみなさい』で、タロウの体をトントンと叩いているとタロウが寝る、というパターンです。

たまに、タロウのおしゃべりが始まり、いつまでも寝ない時もあるんですけど(^_^;) 寝つきはあまりよくないし。

さて、絵本。昔話あり、ディズニーのストーリーあり、いろいろあるのですが、その中でどうしても私が最後まで読み終えることが出来ない絵本が、

『しあわせな王子』(幸福な王子)

です。

あらすじは皆さんご存知の通りだと思いますが、こんな感じ。絵本により多少の違いはありますけどね(^_^;)

ある街の柱の上に幸福な王子の像が立っていた。両目には青いサファイア、腰の剣には真っ赤なルビーが輝き、体は金箔に包まれていて、心臓は鉛で作られていた。とても美しい王子は街の人々の自慢だった。

エジプトに旅に出ようとしていたツバメが寝床を探し、王子の像の足元で寝ようとすると突然上から大粒の涙が降ってくる。

王子はこの場所から見える不幸な人々に自分の宝石をあげてきて欲しいとツバメに頼む。 ツバメは言われた通りルビーを病気の子供がいる貧しい母親に、サファイアを飢えた若い画家と幼いマッチ売りの少女に持っていく。

両目をなくし目の見えなくなった王子はツバメに街を飛び、色々な話を聞かせて欲しいという。そしてまだたくさんの不幸な人々に自分の体の金箔を剥がし分け与えて欲しいと頼む。

やがて冬が訪れ、王子はみすぼらしい姿になりツバメも弱っていく。 死を悟ったツバメは最後の力を振り絞って飛び上がり王子にキスをして足元で力尽きる。

その瞬間、王子の鉛の心臓は音を立て二つに割れてしまった。 みすぼらしい姿になった王子の像は心無い人々によって柱から取り外され、溶鉱炉で溶かされたが鉛の心臓だけは溶けずにツバメと一緒にごみために捨てられる。

天国では神様が天使に「この街で最も尊きものを二つ持ってきなさい」と命じ、天使は王子の鉛の心臓と死んだツバメを持ってくる。神様は天使を褒め、そして王子とツバメは楽園で永遠に幸福になった。

なぜ読めないのか。

それは、読んでいる最中に、泣けてきてしまって、声が出なくなるからです。しかも、子供に読んであげる絵本で大泣きしている自分がおかしくて、笑い泣きするからです(^_^;) でも涙は止まらないし、喉が詰まってしまって、本当に読めません。

私の個人的な意見としては、この『つばめ』がすっごくかわいそうで、かわいそうで。

王子様がどう、とかいうより、つばめがかわいそう(>_<)

早く暖かい方向へ飛んでいかないと死んじゃうっていうのに、王子に、貧乏な人間のためにあれを運んでくれ、これを運んでくれ、もう一日、もう一日って頼まれて、残って死んじゃって、ごみために捨てられちゃうんですもん(;_;)

なんかどうも昔から、動物や怪獣?が人間のために犠牲になって死んでしまう話に弱くて・・・。

で、泣いている私の横で、横たわっているタロウがどうするかというと、

「ふぃ~ん」

と変な声を出して、私の身体をポンポン、と叩くわけです。慰めているつもりなんでしょうか。でも、

「ママ、これ読みたくないの、かわいそうだから」

と言っても、最後まで読み終わらないとダメ、ということで決して許してくれません。

しかも、毎日一話ずつ、違う絵本を持ってきていたはずなのに、この『幸せな王子』だけは二日連続で持ってきました(^_^;)

「これやだよ、ママ、涙が出てきちゃって読めないもん」

と言っても、やはり許してくれず、そして私が泣き出すと、身体をポンポンと叩くという。意味がよく分かりません(^_^;)

そんなわけで、『しあわせな王子』の絵本は、絵本棚の奥のほうに隠してしまいました(^_^;)

小さい頃はなんということもなく読んだり聞いたりしていた童話や昔話。大人になってから読んでみると、全然違う感想を抱くこともあったりする私です。

タロウが、そういったお話に対して、『ズキン!』と胸の痛みを感じることがあるのは、いつなんだろう・・・

人気blogランキングへ

|
|

« ウルトラマンメビウスクリスマススペシャルショーへ | トップページ | JALスキーの旅程表が届いて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79165/17488970

この記事へのトラックバック一覧です: 『しあわせな王子』が読めない私:

« ウルトラマンメビウスクリスマススペシャルショーへ | トップページ | JALスキーの旅程表が届いて »