« 松山・二日目の夜 | トップページ | ディズニーとか仮面ライダー電王とかについてのつぶやき(^^) »

坊ちゃん列車に乗ったりして~、松山から帰る

4月11日日曜日。

ホテルの朝食を食べます。

今回は、大人一人・幼児食事のみ一人、朝食付きの形で予約していたので、ツインの部屋で、ベッドは一つしか使えなかったのですが、朝食はもちろん二人分出てきました(*^_^*)

焼き魚とかがあって、簡単な朝食でしたが、新鮮な生卵です、と、ついてきた卵で、二人ともタマゴかけご飯にして食べました(*^_^*) 美味しかったし、我が家には適量でした♪

ホテルを予約する時・・・。タロウも五歳になると、その時その時の、予定や、ホテルの様子を確認しながら、『大人一人・幼児食事布団付き一人』、『大人一人、幼児食事のみ一人』、『大人一人、幼児布団付き一人』と、分けて予約するようにしています。

それによって、金額もかわるし、予約できないホテルも出てくるので、いろいろなパターンで予約できるかどうか、金額はどうかなど、見比べての予約になります。

小学校にあがったら、まず『幼児』ではないし、もう、食事・布団つきって感じかなぁ・・・。交通費も遊ぶお金も、今よりは間違いなくかかってくるし、旅行もお金が高くなってきちゃうかな(~_~;)

ホテルの駐車場に、あと二時間ほどおかせてもらえるようにお願いをして、荷物を車のトランクに入れ、道後温泉駅へ向かいます。

目的は、『坊ちゃん列車に乗ること』。

9時過ぎに着いたのですが、9時28分の松山市駅行きは満席。

次は、9時55分発の、松山駅行きで、それなら座席なし(立って乗る)ならまだ券があるとのことで、待ち時間が無駄になるのもイヤで、それにしちゃいました。

列車の出発時刻まで、ブラブラします。

道後温泉本館の、上の階の周りにある柵(?)。確かに、『千と千尋』で千尋がおまんじゅうを食べたりした場所と同じ♪

P1010154_2

グルッと一周したり、お店をのぞいてあるいていたら、『一六タルト』に、ゆずのジュースを販売しているコーナーがあったので、柚子好きな私は飲んでみました(^^) カウンターのお姉さんにお金を払うと、紙コップが一つ渡されて、それを持って、自分でついで飲むという形です。

タロウは、一六タルトの試食コーナーを発見して、一つもらいました。

実は私、アンコを始めとした和菓子系が大の苦手で、家にはそういうお菓子が一切ありません。なので、タロウが食べる機会も自然と減ります(^_^;) こういう時か、パン屋さんでタロウがアンパンを選んで買う時ぐらいしか、アンコはナシなのです。

P1010156

道後温泉駅近くの、からくり時計のところにいたら、

「アンケートに答えてもらえませんか?」

と、おじさまに声をかけられて、アンケート用紙(内容は、道後温泉観光について)に記入して渡したところ、こちらをもらいました。

P1010157

このお菓子も、タロウのお腹の中におさまりました。

さて、いよいよ坊ちゃん列車に乗ります!

整理番号順に番号を呼ばれて、乗っていきます。

P1010158

我が家の番号は、22と23でしたが、なんと、1から21までは、韓国人の観光客のかたが買っていたようで、その時の列車には、韓国人のかたばかりとなりました。

そして、我が家が後から乗っていって、立っていくつもりで、奥のほうへ進んでいったら、男性のかたが席を譲って下さいました。タロウだけじゃなくて、私にも(*^_^*)

そして、いろいろかたことの日本語で話しかけられたり。

席を譲って下さった時に、

「有難うございます」

と言ったら、一番ノリのいい人が、

「ぼくたちかんこくじんです!」

と、アピールしてました(~o~)

↓大街通駅に止まっている坊ちゃん列車。

P1010160

大街通駅で降りて、大きな商店街(松山で一番有名な)を歩いて松山市駅に出ます。広いし、いろいろなお店がありましたが、ある意味、東京の商店街的な感じだったので、特にどの店にも入らず通り過ぎました。

帰りも坊ちゃん列車に乗って帰りたいとのことなので、切符売り場へ行って聞いてみると、松山市駅から坊ちゃん列車に乗る場合は、整理券はなく、待って乗る形とのこと。

乗車券はここで売っているけれども、それは列車に乗る時に、車掌さんから買うことが出来るものなので・・・

と言われたので、その切符売り場で買う意味があまりないため、直接来ることにして、ちょっと地下街でお茶します。

タロウはアイスココア、私はワッフル♪

P1010161_2 P1010162

まだ時間があったので、デパート屋上の、観覧車を見に行ってみることに。

↓観覧車乗り場があるフロア。

P1010164

高島屋屋上の、「くるりん」という観覧車です。

↓乗り場へ向かう途中の、床に大きな地図が描かれてました。

P1010163

タロウは、特に観覧車に乗らなくてもいい、とのことで、一階におりて外に出て、坊ちゃん列車乗り場へ。

帰りは、乗る人数も少なめで、普通に座って乗れました。

P1010165

道後温泉駅に着いた坊ちゃん列車は、いったん奥の線路に進み、そこで浮き上がる形となり、駅員さんたちが、それを回転させて、前後逆にするんですね~。結構な力仕事に見えました。

P1010166

↓普段は、この路面電車が走っていて、坊ちゃん列車は決められた時刻にのみ、走っているようです。

P1010168

↓所定の位置に戻ってきた坊ちゃん列車。記念撮影スポットになりますもんね、うまく考えているなぁ。

P1010170

道後温泉駅に着いて、ホテルに戻りますが、ホテルの一階にも足湯があって、タロウが浸かるというので、靴と靴下を脱いで座らせましたが・・・

私がホテルのフロントへ行って、駐車場に車を置かせてもらったお礼を言いに行って、戻ってきた時にこの写真の状態でした。

・・・足を、お湯の表面に『付けて』いるだけで、全然『浸かって』ない(^_^;) 熱いからだそうですが、意味がない~。

P1010171

レンタカーで移動です。ちょっと雨が降ってきました。

私の用事を済ませに行き・・・。

ものすごい雨になってきたので、少し早く出て、空港へ向かうことにしました。今回、バースデー割引で買った航空券なので、飛行機の便の変更は出来るはずだし、おそらく飛行機が混んでいることはないのでは、と。

まず、レンタカーを返しに行かなければなりません。運転しているうちにますますすごい雨と風が(>_<)

15時半、レンタカー屋の前のガソリンスタンドで、ガソリンを満タンにします。10リットル1340円。レンタカーって、この最後にガソリン満タンにして返すって手間が面倒・・・。距離計算もしてくれるそうですけど、そうすると若干、高くとられるんですよね(~_~;)

返却の手続きをとって、他のかたもたくさん乗っているバンに乗り、15時50分、空港に到着しました。JALのカウンターへ行き、前の便に乗りたいことを伝えると、タッチ式画面の機械に案内されて、そこでお姉さんがやってくれました。

なるほど、自分でこの機械を使って、便の変更をすることも出来るんだ~。いまどきは便利だなぁ。

荷物を預けて、空港内をブラブラ。16時過ぎにすし処に入り、お寿司を食べます。

美味しかったです。16時半に支払いを済ませました。

さて、空港内を歩いている間に、不安なアナウンスが何度も流れてました。ANAの飛行機とかが、天候不良のために飛ばなくなっているのです。松山空港の上空の視界不良のために、他の空港に行き先を変更した便があり、機体がないという。

「そ、そうか、大雨だとそういうこともあるか・・・」

といまさらだけど思いました(・・;)

ただ、JALの我が家が乗る予定の飛行機は、すでに松山空港に到着しているので、乗る予定の飛行機が到着しない、という事態にはなりません。あとは松山空港から飛び立つことが出来るかどうか、です。

そして、我が家の乗る便は、無事に出発しました! 良かった(*^_^*)

羽田空港に着き、ひにち限定で販売されていた、『東京モノレール&山手線内』500円という切符を購入。土日とかだと、こんな切符が販売されてるんだ~。お得。

18時半過ぎに、浜松町駅に着きました。

浜松町に着た時によく寄る、大きな本屋さんにちょっと寄ってみました。

タロウを、子供向けの本のコーナーに行かせて、私は二人の荷物を持って、その周囲で本を見たり。

タロウは「ポケモンをさがせ」が欲しいとのことで、それを買って、山手線を使って、帰宅。

そしてタロウは、どうも浜松町駅付近で、モルモットのブルブル人形をなくしてしまったららしく、それに気付いてからはブルーになってました。最後の最後でやっちゃったね。

|

« 松山・二日目の夜 | トップページ | ディズニーとか仮面ライダー電王とかについてのつぶやき(^^) »

子連れ国内旅行(5歳)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 坊ちゃん列車に乗ったりして~、松山から帰る:

« 松山・二日目の夜 | トップページ | ディズニーとか仮面ライダー電王とかについてのつぶやき(^^) »