« 代々木公園で遊ぶ | トップページ | 小学校で就学時健康診断 »

噛み合わせが悪いと言われていたタロウの歯

普段、通っている歯科の先生から、

「噛み合わせが悪いので、矯正を考えたほうがいいかもしれない」

と言われていました。

それを言われてからすでに半年以上経っていたのですが、なかなか矯正のカウンセリングを受けに行くことがなく(・・;)

しかし、11月になって少し余裕が出来たところで、いろいろ検索してみました。

いつも通っている歯科は、メインの先生はすごく丁寧な治療をして下さり、痛みも少なくて、すごくいいんですが、時間帯なのか、メインの先生ではないかたが担当して下さることがあると、痛いし、出血も多くなったりして、受診のたびに、

「今日はどっちかなぁ」

とドキドキしながら通っていました。

そんなこともあって、いつもの歯科で矯正となった時にはどちらが?とか考えてしまって、矯正をメインでやっている歯科を探してみたのです。

まず、通いやすい場所としては『池袋』。

矯正をやっている歯科はたくさんありました。

その中で、休日保育園に通う時に、通り過ぎていた歯科のHPを発見。

最近出来たばかりで、池袋の人通りの多いところからは少し離れた場所にある歯科医院です。

治療を行っているのは、先生一人だけのようでした。

HPから、無料カウンセリングの予約をとり、行ってみます。

最初に、先生がタロウの歯をざっと見ます。

その後に、先生から、カウンセリングを受けました。

タロウの歯は、右手の奥歯の辺りが、完全にずれてしまっていて、上の歯が、下の歯の内側に落ちる形になっているそうです。

不正咬合というらしい。

そのため、歯と歯がきちんと重なってぶつかることがなく、噛むことは出来ても、すりつぶす状態にならないという・・・。

矯正を考えたほうがいいかも、と言っていた歯科のほうでは、あまり細かい話がなく、ただ、したらいいかも、というだけだったので、初めて聞いてちょっと衝撃が(・・;)

今すぐなんとかしたほうがいい!ということではないそうですが、将来的に顎に影響が出てくる可能性はあるということ。

そして、その歯科医院では、歯の写真を、あちこちから撮影して状態をみるということはもちろん、顔のレントゲン写真を撮って、それをもとに、将来、歯の並び、というか、顔全体がどう変化するかという、予測をたてることが可能なんだとか。

歯やあご、鼻などの骨をたくさんの線で結んで、その線の重なり方、角度などから、将来的に、受け口になりそうだとかそういうことを予測し、それの予防をすることが出来る、ということでした。

私自身、あまり歯並びはよくないし、横顔も変ではありますが、ハッキリとここが出てしまっていて、とか、変にへっこんでいて、とかそういうのはありません。タロウ父も、そういうのはないと思います。

でももし、遺伝的に、心配な箇所があれば、それも考えにいれて、予防することも出来るそうです。

先生とやりとりしていて、先生のこともよぉく見ていて、お願いしてもいいかな、と思えてきました。

金額についても説明をして下さり、最初の撮影や歯のかたどりなどなどについてが、税込31500円。

子供の時にする矯正は、どの方法を選んでも、第1期治療は、24万円以内でおさまるとのこと。第2期治療が必要になった場合は、またそこでかかるらしいですが(^_^;) それはタロウが中学生や高校生になってから・・・ということだそうなので、それまでに矯正のためのお金も準備しておかないとかな(・・;)

ただ、1か月に一度、調整・掃除などをしてもらうために通う時の費用はそれとは別ということですので、実際には24万円以上かかるわけですね。

撮影・レントゲン・歯型づくりまで終わったところで、矯正をやめるのなら、31500円だけの支払いで済むということ。

無料カウンセリングに行った日に、お願いすることにしました! 時間がある時にやってしまわなければ!

タロウを連れて、診察台で写真を撮る先生。

口のところに、唇をひらくようなものを取り付けて、歯をむきだしにさせた状態で何枚も写真を撮っているようでした。口の中も鏡みたいなものを取り付けて撮っていました。

その後、レントゲン写真を撮ってました。

そして、歯型をとってました。先生が数を数えていたけど、ゆっくりと20までだったか、結構大変そうだった(・・;)

たぶん、上と下もとったんだろうし。

その後、歯の全体のレントゲン写真を見せていただきましたが、永久歯がいっぱいでした!

といっても、いま生えている乳歯の下に隠れている?状態でしたけど(^^)

ああやって、乳歯の下に永久歯がしっかりとあるのは、なんだか不思議な感じでしたね~。

そして!

一つ、衝撃の事実が!!

タロウの上の歯に、『過剰歯』があるとのこと。

ネットで検索したところ、30~40人に一人はそれがあるものらしいです。私にはなかったってこと、なんだよね?

タロウのその過剰歯は、位置からして、手術して取り出したほうがいいそうです。

帰宅後にネットで検索もしてみましたが、とったほうが良さそう。

先生も言ってましたが、その近くの乳歯がグラグラしてきた時に、抜歯をしながら、手術、というのがいいかもしれないとのことでした。

「え? わざわざ乳歯を抜歯?」

と思ったのですが、こちらも帰宅後にネット検索したところ、乳歯を抜いて、そこから切っていくような形で、過剰歯を抜くようにするのがいいらしく。

歯型などが出来上がるまで、ひにちがかかるということで、次回は2~3週間後に受診の予定です。

|
|

« 代々木公園で遊ぶ | トップページ | 小学校で就学時健康診断 »

歯の矯正」カテゴリの記事

コメント

こんにちは!
奇遇にもうちの子も過剰歯なんです。

上の歯が生えてきたものの、変な方向にねじれてるみたいに生えてきてたので
わ~矯正決定だなぁと頭を抱えていたら過剰歯の診断でした。

どっちにしろ、矯正はしなくちゃいけないかもですけど・・・。

投稿: ハル | 2010.11.22 20:15

ハルさん!
こんにちは(^^)
ええ~! そうなんですか、ハルさんのところも過剰歯が!!

どんなふうに抜くことになるんですかね~・・・。

プー造は、ここまで本格的な歯の治療みたいなものをしてきていないので(・_・;)、麻酔の注射を打って、歯を取り出すとなると、大変ですよね・・・(>_<)

無事に終えられるのか、暴れて大変なことにならないのか、今から心配です(^_^;)

とりあえず次回、出来あがった歯型や、レントゲン写真からの『予測』などから、先生の説明をよく聞いて、どんなふうになっていくのかまた記事に残したいと思ってます(^^)

投稿: オヤジブー | 2010.11.22 23:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79165/50074334

この記事へのトラックバック一覧です: 噛み合わせが悪いと言われていたタロウの歯:

« 代々木公園で遊ぶ | トップページ | 小学校で就学時健康診断 »