« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

小学校前に、学習机。勉強の習慣がつくのかな?

老人ホームに入居中で、認知症の母。

その関係で、今まで疎遠だった叔母夫婦と、連絡をとることが多くなり、何かと気遣って下さることも多くなりました。

そして、入学祝いを買って下さるということになり、

「ランドセルは?」

と言われて、

「すいません、もう買ってしまったので・・・sweat01

「じゃあ何か考えておいて」

と。

いろいろ考えて、文房具とか地球儀とか?私自身もあまり思いつくことが出来ず、あげてみましたが、結局、

「学習机を買っておいたから、あとは配送業者と連絡をとって」

と言われ、急きょ、机が我が家にやってくることに。

学習机は、全然考えてませんでした。

私が前の家で使っていた机が一つあるので(荷物置き場になってるけど)、いずれそれを使えばいいか、とか、

「まだ机とか置いてやるよりも、リビングの机で勉強させて、私がみているほうがいいかな」

と思っていて(^_^;)

学習机が我が家にやってくる~!!

うわ~、置く場所がない~、と、洋服などをメインで置いている部屋の一部になんとかスペースをつくり、配送業者と連絡をとって、運んできてもらいます。

P1020267

叔母夫婦が贈ってくれた学習机、なんと15万円前後する学習机です(゜o゜)

う~ん、自分では絶対に買わないな・・・。

机のほかに、ちゃんと椅子も選んで下さっていて、すぐに使える状態となりました。

タロウ、早速机が嬉しくって、くもんの宿題を学習机で(*^_^*)

P1020276

確かに、勉強ぐせをつけるには、いいのかな~。

いつも過ごしているリビング以外の部屋に、学習机が置かれたことによって、タロウがそこにいることがあるようになりました。

なんだかだんだんと成長してくるんだな~、って、感じさせられました(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

イマドコサーチから、地図アプリで、「ココへナビ」

キッズケータイを持たせたタロウを、外へお遣いに出した時、イマドコサーチで何度か居場所を確認してみました。

iモードのマイメニューから、ドコモのサービス、イマドコサーチ

P1020252 

タロウの居場所をいますぐ検索

をポチっとして、

P1020253

P1020254

25秒ぐらい経ってから、確認ボタンをポチっとすると、タロウの居場所が簡単な地図の中に、赤い星印であらわれます。

P1020255

これで、場所の確認は出来るわけですが、もし、あまり知らない場所ではぐれた場合などに便利かも~、と思ったのが、

詳しい地図 iアプリ

というボタンをポチっとすると、今度は地図アプリがたちあがり、タロウがいる場所の詳しい地図を見ることが出来ます。

P1020256

また、メールで、他の人にその場所情報を送信することも出来ます。

P1020257

P1020258

そして、そこには、『ココまでナビ』という選択肢があるので、それを選べば、現在地からタロウがいる場所まで、携帯がナビしてくれるのです。

普段、この地図アプリを活用している私には、非常に便利な機能だと思いました。

初めて行く場所だったり、駅を降りてからどっちの方向に目的地があるかを知るためだったりで、地図アプリはかなり活用しています(*^_^*) なんて便利なんだ・・・。

さて、イマドコサーチですが、建物の中に入ってしまうと、どうしても電波?の状態が悪くなって、おおまかな検索しか出来なくなるみたいです。

しかし、外を歩いている時はかなり細かく居場所が分かるし、検索を待つ時間を長めにすると、詳細が出てくることが多いみたいです。

機能が分かっていれば、活用出来ると思うので、まぁ、いつまでもこんな機能で居場所をチェックするのは・・・と思いますが、

「どうしたんだろう???」

と心配な時、緊急時には非常に便利な機能だと思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

学童クラブの申し込み

タロウが通う予定の小学校の学童クラブは、学校内にあり、学童クラブ以外の子達もいられる『スキップ』も、同じ学校内にあるそうです。

まだまだよく分からないことばかりですが(^_^;)、聞いた話では、ということで。

学童クラブの申し込みは、1月20日までに、書類を提出すること、と認識してました。

とにかくそれまでに学童クラブへ直接書類を持って行けばいいんだ、とのんびり構えていたら、すでに書類を受け取りに行ったママさんから、

「書類提出とは別に、面談があって、予約しないといけない」

ということを聞かされました。

うわ~、それは~!ということで、慌てて学童に電話します。

午前11時以降であれば、事務所に人がいると書いてはあったものの、

「そんな時間に電話していいものなの???」

と私の頭に疑問が浮かび、結局、放課後の時間を狙って、電話しました。

すると、

「書類自体は、1月20日を過ぎても、まだ受け取りはするけれど、それまでに書類を出してもらうことで、4月1日からの利用がスムーズに出来るんです」

と聞きました。

ああ、良かった、危ない危ない。

面談の予約もとり、今度はまた慌てて区役所に書類を取りに行きます。

そこで書類記入方法について、説明があります、と言われて出てきたかたが、保育園でタロウの担任だった先生でした(^_^;) 区立だったので、保育園ではないところに先生だったかたがいたりします。

おかげで、いろいろお話が聞けて良かった(*^_^*)

仕事が不定期な私、また自分で会社をやっている私が就業証明書を書く場合に、どのようにしたらよいか、教えてもらったりしました。

二か月分の、スケジュール(保育園に提出していたもの)を、添付することに。

学童の面接自体は、タロウがちゃんと受け答えできるかという軽いチェックと、私自身に説明をして下さる形で、特に難しいものではなかったので良かったです(^_^;)

お迎えがあった子以外には、前もってお願いしておいた時刻の5時・5時半・6時に、集団下校するそうで、その際には、必ず学童クラブの人が付き添って、子供たちを見送るそうです。

我が家の場合、通う小学校のほぼ隣りのマンションなので、その集団下校の際には、マンションの玄関に入るところまで、先生が見送ってくれているそうです。

ちょっと安心した(^^)

これで三月?に、学童クラブに入れるかどうかの連絡がくるそう。

小学校に入って、どうなるのか、いろいろ不安だけど、もうすぐ四月!!

もやもや考えているだけではダメなのだ・・・。準備しておかないと!

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ディズニーはやっぱり良い!

ミッキーのフィルハーマジックの、プレビュー観賞が出来るバケーションパッケージで、初・ディズニーランドホテル宿泊、二泊三日! 元気に行って参りました(^^)v

期間限定のシェフミッキーならぬ、『シェフドナルド』で夕飯を食べたり、3月31日でいったん終了するらしい『ディズニーシーでの宝探しキッズツアー』に参加させたり、その間に私は8年ぶりぐらい?の『センター・オブ・ジ・アース』に一人で(^_^;)乗ったり(^◇^)

もちろん、『ミッキーのフィルハーマジック』のプレビュー体験もさせていただき、全く並ぶことなく、スムーズに、しかもほぼ好きな場所に座れる状態で、観賞させてもらいました!

ディズニーワールドで、フィルハーを観賞した時って?と自分のブログを検索してみたら、これぐらいしか書いてなかったです(^_^;)

http://oyajiboo.txt-nifty.com/pooh/2007/01/post_ba31.html

http://oyajiboo.txt-nifty.com/pooh/2007/09/10_d49f.html

ディズニーワールドと内容は同じ、だけど日本語なので、やっぱり分かりやすい(^_^;) あとは出てくるニオイが違いました(^^)v

最終日日曜日にはこちらも初・『ディズニーランドでのプレミアム・ツアー』を体験して、バケパの特典と、プレミアムツアーの特典と、目いっぱい使って、楽しんで参りました~!

・・・これがタロウ未就学児、最後の旅行になったと思います。

もう、平日にディズニーへ行けることもほとんどないんだ・・・。

そんなことも思いながら。

プレミアムツアーのガイドさんとお話していたら、またディズニーワールドへ行きたい気持ちが盛り上がってしまったり(^_^;)、なんとかして三月下旬ぐらいには平日のディズニーに来たいといろいろ考えてみたり(^_^;)、ディズニー熱がかなり高くなった三日間でした。

また、長文記事に残すと思います・・・。

今日からは平日・土日、休みがあまりない状態で三月下旬までバッチリ仕事です。

さあ、頑張ろうっと!

・・・ん、どこかで胃腸科受診しないと(^_^;) タロウのアレルギー性結膜炎で眼科も、だし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

まもなく、ディズニーランドホテル二泊三日の旅♪

もうまもなく、ディズニーランドホテル泊、二泊三日が始まります(*^_^*)

バケーションパッケージで、宿泊するのは二回目。前回は、アンバサダーホテルでした。

タロウともども、楽しみで~happy02

三日間の予定は、こんな感じでございます♪

一日目

開園は、両パークとも10時。なので、その前にディズニーランドホテルへ行き、プリチェックインをしてからインパーク。

TDLへ行き、先にグッズの引き換えなどを行い、ドナルドのポップコーンバケットを購入する予定。

適当なところでTDSに移動。

16時45分からのビッグバンドビート観賞。すでに席のチケットは届いており、B列です。前から二列目なのかな?

18時50分、アンバサダーホテルで、『シェフミッキー』ならぬ、『シェフドナルドheart01で夕食。

二日目

7時50分、ディズニーランドホテルのシャーウッドガーデンレストランで朝食。

朝は、TDSへ。タロウは、10時半からのキッズツアーに参加。

私は、その間に、初めてのタワテラ、初めてのレイジングスピリッツ、そして8年ぶりぐらい?!のセンターオブ・・に乗りたい、予定(^_^;)

うまくファストパスをとっておき、タロウとは初のインディアナジョーンズに乗りたい。

TDLへ移動。

16~18時に、フィルハーマジックのプレビューに参加(でもすでにプレオープンしている日もあるみたいですね(^_^;))

19時、クリスタルパレスレストランで、参加者貸切という夕食。貸切って・・・、単に普通の夕食なんでしょうか、何かあるんでしょうか。

三日目

7時半、シャーウッドレストランで朝食。

TDLへ。

10時半から、プレミアムツアーに参加。その昔、本当にむかしむか~しから、憧れていました、プレミアムツアー♪dogshinelovelyshinehappy02

ガイドさんにお願いしてみるのは、モンスターズインク・ハニーハントの搭乗、なるべくたくさんの隠れミッキーをタロウに教えてもらうこと、チュロス全種類(といっても2種類か3種類?)を食べること、二人の写真を撮ってもらうこと、トムソーヤ島に行っていろいろ説明してもらうこと。

ジュビレーションを、ツアー参加者用の場所で観賞。

ワンマンズミニーオーミニーを見る。

エレクトリカルパレードを、ツアー参加者用の場所で観賞。

そして帰宅。

なんといっても閑散期。寒いのはもちろんなので、あまり目いっぱいと思わずに、休憩をとって身体をあたためながら、楽しみたいと思います。

このディズニー旅行が終わったら、もう三月が終わるまでは、旅行なんて出来る空き日程はありません(・_・;) そして四月からタロウは小学生・・・

なので、しばらく旅行は難しいかと。

未就学での、最後の旅行です・・・

楽しんできたいと思ってます(*^_^*)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トマム後日談

さて、トマムスキー旅行四泊五日は、今回JALツアーで行きました。

JALツアーでも、旅のアンケートがありましたし、トマムのホテルでもチェックアウトの際にアンケート用紙を渡され、両方ともに、詳しくいろいろなことを書き込みました。

すると、JALツアーのかたから電話があり、私がお伝えした『パンフレット記載との相違点』について、詳しく説明がありました。

また、スパハウスの受付の人が、タロウが保育園児であり、未就学児であることを説明したのに、6歳以上は有料であるということで1000円の入場料を支払ったことについて、トマム側のかたに問い合わせをして下さったようで、先方の間違いであり、私が支払ってしまった分について返金の手続きをとって下さいました。

そのほかの、JALツアー滞在中、一回無料で利用できる、『雪遊び』の時間が10時から12時と記載されていたのが、実際には10時半から12時だったことは、後から変更になっていたのが、パンフレットに訂正出来なかったこと。

JALクーポンの、『一枚deゴハン』のピザの内容が違ったことについては、先方のレストランで、『お任せピザ』の注文を受けたという認識で、パンフレット記載のものと違うのが出されたということ。

などなど、説明していただき、不透明だった部分は、ハッキリ見えるようになり、特に不快だったわけではないのですが、なるほどそういう流れですか、と、腑に落ちました(^^)

まさかお電話をいただいて、説明していただけるとは思っていなかったので、また機会があれば、JALツアーさんを利用しますとお伝えしましたhappy01

トマムから、自宅へ送った宅急便は二点あります。

一点は、往復宅急便で依頼して、1月8日の朝8時に預けたスーツケース。そして、アイスヴィレッジの『氷のアトリエ』でタロウが1月7日の夜につくった氷のコップです。

宅急便の追跡番号でチェックしていたところ、両方とも、1月8日の20時台に発送になっていたので、コップは丸一日トマム内にあったみたいだし、スーツケースも朝8時に預けてから夜8時まで、ホテルにあったってことなのかな。

そして、スーツケースは、往復宅急便を頼んだ時には、1月11日に届くということになっていましたが、氷のコップのほうが1月10日に届いたのと同時に、スーツケースも届けて下さいました。

「スーツケースのほうは、11日になってましたが、こちらの荷物が届いたので、今日届けました」

と宅急便のかたに言われました。

特に私のほうで、スーツケースを11日に指定したわけではなく、申し込んだ時に、『最終日の三日後に届きます』と、宅急便のHPで出ただけなんですが(^_^;)

わざわざ三日後にしなくても、その時の最短日程で届けて下さるようにしてくれればよいのでは・・・と感じました。

そして、氷のコップがどうなっていたかというと、発泡スチロールの箱の中で、そのままの形で残ってました。

ただ、周りに入れた雪は若干少なくなっており、コップは雪まみれ状態だったために、我が家の水にザッと通したら、パチッと音がして、コップにひびが(・_・;)

その後、コップにポカリを入れてタロウが飲みましたが、ひびからあふれてきちゃいました(^_^;)

まぁ、こんなもんですね(・_・;)

溶けるまで、お皿にのせてしばらく使ってましたが・・・とうとう、ひびから穴があき、形が崩れて行きました。

P1020250_2

そして、発泡スチロール箱に詰めてきた雪。最初そのまま放置するつもりでしたが、よく考えてみたら、これでちび雪だるまがつくれるじゃん!

と思いつき(思いつくまで時間がかかりすぎましたが)、早速つくって、寒い夜のベランダへ。

P1020249

しかし、こちらもやはり寒いとは言え東京の冬。翌朝には崩れて倒れておりました・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トマム五日目

さて、今日はもう東京に帰る日です。

東京でも少しブラブラして帰れるように、また、新千歳空港で買い物とか出来るように、余裕のある移動方法を選択しました。

まず、8時少し前にエレベーターで下へ降りて、宅急便のカウンターで、スーツケースを送ります。JALの往復宅急便での利用なので、自宅を発送した際に料金は支払っているため、伝票を渡すだけですぐ作業は終わりです。

朝のエレベーターは混むので、そのまま『三角』で朝食バイキングへ。時間が混む時間帯なのか、何組か待つことになりました。

今朝も、野菜たっぷり、美味しくいただきました♪ 家ではこういうの、絶対に出来ないもんね~。私とタロウじゃあ、何をつくっても簡単には食べきれないから、たくさんの種類をつくるなんて無理だし。

↓第一回目の取ってきたもの。二人とも再度取りに行きました(^◇^)

P1020213

P1020214

部屋に戻って、昨日の夜にスーツケースに入れなかったものを、ポイポイと二人のキャリーバッグに放り込んで支度は終了。

フロントに行って、チェックアウトも終了。部屋づけにしてあった支払いをクレジットカードで支払うだけです。

P1020216

いよいよ、タワーともお別れだね~。自宅から連れてきたポケモンのミジュマルのぬいぐるみと(^^)

タワー9時半発のバスでトマム駅へ。たくさんの人が乗り込み、私たちは立って駅まで移動しました。

駅に着くと、暖かい建物の中にみんな入れられます。インフォメーションセンターという名前になってました。そこで電車が来るまでの時間を潰す感じです。

電車が到着する10分前か、15分前?かに、案内があり、みんなホームへと移動していきます。また階段をあがって、通路を通って、また階段を下りて。

ホームは完全に吹きさらしなので、寒いです。寒いと泣き叫んでいる子供もいました(>_<) 私は、結構待つことになるんじゃないかと、防寒しまくりだったので、私もタロウも結構平気でした。

しかし、時間になっても電車がやってきません。

なんと、トマム駅10時発スーパーおおぞら4号が遅れているとのこと。

P1020218

P1020219

P1020220

本来の到着時刻から待つこと15分?、ようやく来ました。

P1020225

また、どの車両が何号車なのかが全然分からず、また、どの辺まで電車の車両がとまるのかも分からず、電車が来てから、慌てて自分の乗るべき車両へ移動です。

これ、何とかして欲しいなぁ(^_^;)

P1020226

寝ちゃった。

P1020227

そして、途中、特急電車の待ち合わせなどもあり、南千歳駅に着いたのが、20分以上遅れてでした。

反対側のホーム、三番線に乗り換えの電車が来るということで、また階段をのぼっておりて、反対側へ。

乗り換えのお客さんが、全員乗るまで待つということで、到着から出発まで10分以上待っていたと思います。

遅れのせいか、ものすごくギュウギュウの電車。すごかった。結構殺気立った人達もいました。

我が家は、時間に余裕をみてスケジュールを組んでいたので、飛行機に乗り遅れそうだとかそういうことは全くないけれど、新千歳空港でお昼ごはんをのんびり食べてから飛行機に乗るつもりが、それはちょっと厳しくなってきた(^_^;)

とりあえず、手荷物を預けてから、空港内をブラブラします。

土産物売り場が、ものすごい広いですが、去年の夏に来た時より、お店がたくさん出てました。お正月からの流れだったのでしょうか。

とにかくお店がいろいろあって、見るだけでも楽しい。

そんな中で、いくつか購入していきます。

空港でランチ♪もいろいろ調べていったけど、諦めて、いくらと鮭のお弁当を購入。

JAL516便新千歳12時50分発、羽田14時25分着。

帰りの飛行機は、後方の二人並びの席をとれていたので、お弁当も機内でちゃちゃっと食べることが出来ました(^^)v

羽田に到着。

ここで、JALクーポンの余った一枚を使います。500円分です。飲み物と、お菓子を買って、無事使い切りました(^^)

預けた荷物をターンテーブルからとって、外に出ると、15時発池袋行きのリムジンバスは、あと2分ほどで出てしまいます。切符を買うところに列が出来ているのも見えたので、モノレールで浜松町に出て、山手線で有楽町に出て、有楽町線で東池袋駅で降りて、サンシャインへ移動することに。

なぜサンシャインへ行くかというと、ぬいぐるみの洋服小物の福袋を受け取るためです(^_^;)

有楽町で乗り換える時、JRを出たら、目の前に北海道の道産子ショップ、みたいなものがドーンとあって、

「やっぱり東京に住んでいる限りは、欲しいものって買えちゃうよなぁ(^_^;) 私が買ってきたお菓子とかって、全部ここで買えそう・・・」

とガックリしたりして(^◇^)

そして、サンシャインシティの、Build a bearで、小物の福袋を受け取ります。昨年末に予約購入しておいたものです。

その後は、家の近くのセブンイレブンに寄り、こちらも予約しておいた『イナズマイレブン弁当1200円』を受け取って帰ります。

シューズケースと、カードがもらえるんだそうで、お弁当もなかなか美味しそうだったので、購入してやる!ことにしました(^^)

P1020228

P1020229 

タロウの夕飯は、これで。

楽しい旅行でした!! 明日は一日ゆっくりして、明後日から仕事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トマム四日目

トマム4日目。今日は、ちょっと早く移動したかったので、バイキングではなくて、決まったセットが出る『ユックユック』で朝食をとります。

↓大人のセット。前回と同じかな・・・。このオムレツのような、でもそれよりちょっと固い卵焼きが私はちょっと苦手で、食べなかった(^_^;)

P1020179

子供用のセットも全く同じでした。

P1020180

さて、今日は、もし空いていたら、JALツアーズの特典を使って、ニポクラブの雪遊びにタロウを参加させようと動きました。

本当は、JALツアーの無料特典を使うためには、利用日の五日前までに予約をするんだったのですが、直前まで

「どの日にニポクラブの雪遊びに参加させて、どの日にスキー教室を利用するか」

と迷っていたら、だんだん

「やっぱり現地に行ってから、タロウの様子をみて、当日空きがあったら、運良くOKだったら、参加させるでいいや」

になってしまって(^_^;)

五日前までに予約するか、当日空きがあれば、滞在中一回無料で利用可だったのです。でも今回はそれで正解だったみたいです(^o^) スキーはずっと一緒に滑ったし、ニポクラブは運良く空きがあって参加出来たから。

タワーから、私のスキー板・タロウのスキー板・ストック・タロウのスキーブーツを持って、循環バスで『リゾートセンター』へ。

この日は三連休前日の金曜日で、人も多かったせいなのか、通常の循環バスではない、『リゾートセンター直通』のバスが、時刻表にはない時間でやってきました。

しかも、バスが普通のバスじゃない、立っていられる場所が広いバスだったので、スキー板を持っていた私にはすっごく良かった!! 混んでいる時には、臨時増発するのかな?

リゾートセンター』に着いて、板とストックを、スキー立てのところにさしてから、ニポクラブを探します。

一番メインの建物の、地下一階にありました。

聞いたところ、空きはあるとのこと。ただ、JALのパンフレットに載っていた、10~12時の二時間ではなく、10時半~12時の90分間でした。

リゾートクーポンのメニュー記載内容に誤りがという、紙が挟まっていたのに、それにも載っていなかったから、その後に変更が決まったのでしょうか?

そんなことで、間に合うようにきたのに、30分時間を潰すことになり(^_^;)、その辺をウロウロ。タロウのスキーブーツをコインロッカー(小さいので100円)に入れて、スノーブーツを履かせます。

P1020181

タロウを10時半にお願いして、私は自分のスキー板をかついで、キャビンに乗ります。

四人乗りのキャビンで、

「他の人と一緒に乗らないといけないのかな・・・」

と思っていたら、そんなに混んでいなかったからか、一人でキャビンに乗せてくれました。

かなり長い時間乗ることになったので、一人で本当に良かったです(・_・;) 乗っている間に、ゴーグルをつけ直したり、スキーブーツを直したりいろいろ出来ました(^^)v

そのキャビンに乗っているところから、タロウの様子が見えたので、デジカメでパチパチ撮りました。

P1020182

P1020183

P1020184

P1020185

体操を、『初めてのスキー』チームと、『雪遊び』チーム合同で行って、スキーチームは小屋の近くで練習。

雪遊び』チームは、タロウの話だと、何か乗り物に乗って、近くの林みたいなところへ行き、チョッカリ大魔神(そういうキャラクターがトマムにいるのです)に会い、チョッカリ大魔神が苦手なもの(だったかな???)を聞き出し、それをニポ(これもトマムにいるキャラクター)に、お手紙を書いて知らせてあげる、という流れがあったよう。

そんなことをタロウがしている間に、私はキャビンで一番上(?)まで行って、初心者コースを滑ってきました。

しかし、途中、タロウなら嫌だと言いそうな坂もあったり、逆に、坂じゃなくて平らなところが延々と続く場所がかなり多く、これはスキーで進むのがつらい。

私の場合、ストックを持ってないので、とにかく板で漕いで進むしかなく、ゼエゼエ言いながら、休みながら、平らなところを進んでました(^_^;)

「タロウを上まで連れて行って、滑り降りさせてみたかったけどなぁ」

と残念に思いましたが、無理してスキーを嫌がられてもしょうがない。

リゾートセンターまで滑りおりてきたら、キャビンでのぼって、滑り降りてくるまでに、タロウを預けた10時半から一時間近くかかっていて、残り30分ではもう一本行くことも出来ないし・・・と、板をはずして、リゾートセンターの建物の中の、ショップの中で、イマドキのスキーグッズを眺めてまわりました(^_^;)

そして、12時近くなったので、お迎えに。

手前には、『初めてのスキー』チームが最後の仕上げをしてました。そして、『雪遊び』チームは、暖かい小屋の中で遊んでいたようでした。

P1020186

その後、タロウもスキー板を履いて、タロウが行きたい『アドベンチャーマウンテン』を滑るため、すぐ横のリフトにのることに。これが結構距離が長く、身体が冷えました(^_^;)

そして、レベル1の一番最初の『ドコドコ』というところは、坂が結構急で、タロウはギブアップ。泣きながら滑っていたので、しかたなく板をはずして、私が持って滑り下ります。

タロウはワアワア泣きながら、歩いて降りてきました。

「男なんだから、怖いとか言って泣くな!!」

とか言ってしまった(^_^;) なんか『かあさん』ぽいわ~、私♪

急な部分だけ歩いて降りてきて、緩やかになってきてから、板をつけ、そこからは滑っていきます。

滑るところだけが高くなっていて、そこを落ちないように滑って行くとか、波のようなウネウネしたところを滑って行くとか、いろいろなところがあって、クリアすると、スタンプを捺すことが出来て、スタンプを全部集めると・・というもので、子供が喜ぶように出来てました(^^)

ただし、タロウは、出来なかったのももちろんですが、長い距離のリフトにもう寒いから乗りたくないと言うことで、スタンプは集めることが出来ず!!

まったく、根性ないやつだ。来年、小学生とかになったら、もう少しましになるかしら・・・。

ということで、ここでアドベンチャーマウンテンはあきらめ、ホテルに戻ってお昼ご飯を食べることにします。

循環バスを待って、タワーへ。また板を持って乗りましたが、今度は普通のバスだったので、結構大変でした(^_^;) 自分の分だけだったらなんとかなるんだけど、タロウのと二人分の板ってなんとかまとめてきれいに持ちたくても、結構大変(^_^;)

重くて、バスの乗り降りとかヨロヨロしちゃうし(^_^;)

板などを、いったんスキーロッカーに置いてきてから、『ユックユック』でお昼ごはんです。何組か待ちました。

ロビーでは、チェックイン待ちの人達のために、ジャガイモのスープが配られていました。すごい! タロウももらってしまいました(^_^;) 美味しかったと言ってました(*^_^*)

さて、『ユックユック』に入って、1枚deゴハン『トマトとバジルのマルゲリータ』1155円が、JALクーポン1枚(500円)というのを注文します。

それと、タロウが食べたいと言うスパゲティ。

スパゲティが運ばれてきた後、ピザがやってきました。

でも、ベーコンとトマトのピザ、と言われました。あれ? でもトマトとバジルより、そのほうが私の好みではあったし、何も言わずに食べました。普通のピザより美味しく感じました♪

P1020187

食べ終わって、精算となった時に、

「本当にちゃんとクーポンのピザとして精算してもらえるのかなぁ」

と不安になりましたが、レシートには、『地養豚と玉ねぎのスパゲッティ』1470円・『お任せピザ』1500円・ジンジャーエール420円・紅茶420円の、合計3810円。

そこから、JALクーポン券で1500円が値引きになっており(500円はすでにJALに払ってあるので、この計算で、私は500円払っていることになる)、そして、ウェルカムドリンク券は一枚500円で換算されているため、1000円が値引きになり、その時に支払ったのは、1310円、ということになりました。

ドリンク券は、ドリンクが無料になるというよりは、500円分の金券として扱われたみたいでした。そうだったんだぁ、今回は、500円でピザが食べれて、1310円でスパゲティとドリンク二杯が飲めたんだ、ラッキー♪

ドリンク券には、「滞在中にユックユックで使わなかった場合は、ショップでペットボトル一本と交換します」と記載されていたので、それでもいいかなぁ、なんて思ってましたが、ユックユックで使わないとかなり損していたと思われます。

う~ん、私、細かいなぁ(^_^;)

お昼御飯を食べ終わってから、またタワーの目の前の、初心者専用リフトと、初心者ゲレンデを繰り返し滑ります。

だんだんふぶいてきたので、そろそろやめようか、と最後の一本を滑って、今回のスキー終了!です。

1101080001_2

1101080002

1101080003

1101080004

1101080005

1101080006

1101080007

1101080008

1101080009

1101080010

1101080011

1101080012

1101080013

P1020189

最後にゲレンデでパチリ。

その後、部屋に戻って、少しゆっくりしてから、今夜はアイスヴィレッジへ。

タロウは、氷のコップをつくって、それを雪の中に埋めてきたことがとても気になっていたらしく、どうしてももう一度作りたい、そしてそれを家に送りたい、ということで、最終日にやることにしていました(^_^;)

アイスヴィレッジに着いたら、まっすぐ『氷のアトリエ』へ。

この日は、他にも作っている人が結構いて、にぎやかでした。タロウは一人で全部やるといって、頑張ってます。待っている私は寒い(^_^;)

P1020190

P1020193

そして出来あがった氷のコップは、そのまま家に送ります。発泡スチロールの箱にいれて、そのまわりに、きれいな雪をたくさんつめてくるように言われます。

箱を持って、いったん外に出て、出来るだけ柔らかくてきれいそうな雪を集めて、箱に詰めて行きます。

それをアトリエの人に渡して、アトリエの人がふたをしめ、ビニールテープで密封して、預かってくれました。タロウニコニコ。

その後、たき火のほうへ行って、何か食べよう、ということで、ソーセージとマシュマロを。

P1020197

ソーセージは、お店の人が焼いて渡してくれましたが、タロウは形だけ、焼いてみてました(^◇^)

P1020198_2

私は、マシュマロを焼いてみます。実は、マシュマロを焼いて食べるのは初めて。アメリカの映画とかでよく見てはいるものの、自分が焼いて食べたのはこの時が初めてでした。

P1020201

周りがパリッとしていて、中身がトロッとなって、美味しかったです。でも、たくさんは食べれないな~(^_^;) タロウも、Build a bearvilleというゲームの中では見てましたが、初めて焼いたのを食べて、喜んでました。

↓一番右側のお店は、スープストックトーキョーでした。

P1020202

P1020203

そして、前回来た時には出来あがってなかった、滑り台が出来あがっていて、そりを借りて、滑っている子供たちの姿も。タロウにやってみたらと言いましたが、やらないそうです(^_^;)

P1020204

アイスヴィレッジを背にして、スパハウスへ向かいます。

P1020205

スパハウスの入り口。

P1020206

中に入ったら、カメラのレンズは曇ってしまった(^_^;) プールの様子は、普通に上から見ることが出来ます。

P1020208

P1020209

スパハウス内で循環バスを待ち、ようやく来たバスに乗って、タワーに戻ります。

ちょこちょこ食べたので、ビュッフェに行くほどでもない。丼やスープカレーなどを食べるでもない。それが二人とも。

ホテルのショップをのぞいて、『とかち丸弁当』700円(お弁当というか、肉巻きおにぎりが入っているだけ)を購入。あとは、ホテルで初日にもらったお菓子とか、持ってきていたお菓子の残り、それにインスタントスープを飲んで、夕飯にしちゃいました(^_^;)

明日は東京に戻ります。

ソファで寝ちゃった(^_^;)

P1020212

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トマム三日目

トマム旅行三日目。

三角』で朝食を食べてみます。時間が遅かったので、待っている人もいなくて、すぐに席に案内されました。

お野菜の種類がい~っぱいあって、嬉しかった♪ 生野菜はもちろん、煮物などの種類がかなり豊富でした。鍋とかもあったし。

P1020159

案内された席は、外の景色が見えるように設置されたところでした。

P1020161

朝食をとったあと、部屋に戻って、着替えて、それから、昨日スキー板などを置いてきたロッカーへ直接向かい、そのままゲレンデへ。

めちゃくちゃ便利です。

お天気もいい感じ(^^) とにかく雪がサラサラで、滑りやすくて、下手な私でも、上手になったような気が(^_^;) 初心者のタロウにもいい感じです(*^_^*)

P1020163

今日はもう普通に、初心者専用リフトにのって、初心者用のゲレンデを何度も滑り降りて、風が強くなってきてから、滑るのはやめることにしました。

風が強いと、顔の出てる部分が痛くなっちゃいますよね~(^_^;)

ゲレンデからホテルへ入るところで、なぜか雪遊びしようとしている人。

P1020162

部屋に戻って、トイレなどすませてから、今度はバスに乗って、移動します。スキー板は持たず、スキーウェアのまま。

ホテルの入り口に貼ってあった、ホテルから、最寄駅までの送迎バスの時刻表をパチリ。

P1020164

循環バス、とりあえず一度、『ポーラーヴィレッジ』で降りてみました。

P1020165

P1020166

P1020168

そりとか、雪の上で乗る乗り物にいろいろ乗れるということだったので、とりあえず観に行ってみたのですが、タロウは特にいいと言うし、私自身も別にいっか、ということで、様子をみるだけみて、またバス停に戻ります。

次のバスに乗って、『リゾートセンター』で降ります。トマムのゲレンデで、一番中心になるところですね(^^)

ここには、子供向けのニポタウンというのがあるそうなので、こちらも見に行きました(^^)

ニポタウンの中には、子供がスキーを練習する場所があったり、雪遊び場があったり、そりを滑る場所があったりします。

最初に、雪遊びの場所へ。この時、かなりふぶいていて寒いです(^_^;)

P1020170

P1020171

P1020172

P1020173

ん~、何がつくりたいのかよくわから~ん! 山でもないし、穴でもないし(^_^;)

その後、そり滑りの場所へ行ってみますが、最初は怖がってスピードを出さないし、やり始めたら、あまり滑らないからヤダとか言って、すぐやめちゃいました(^_^;)

スキーを滑る場所は、やはり自分でちゃんと板を持ってきていないとダメなので、今日はナシ。明日ね!ということで説得。

だって、また戻って取ってくるの、面倒だよぅ(>_<)

散歩してまわってから、また循環バスに乗って、ホテルへ戻り、昨日と同じパターンでプール&お風呂の準備をして、寒さ対策も万全に、循環バスで『VIZスパハウス』へ。

水着は下に着ていったので、プール用のロッカーでさっと服を脱いでから、プールへ。

今日は、最初からビーチボールは持ってこないで、レンタルフリー(800円)を利用して、順番に一つずつ、ビーチボール・浮き輪・浮具(?)などなどをいろいろ借ります。

今日は、波が来る時間がやってくるのを楽しみに待つようになってました

P1060161

巨大ビーチボールも(^o^)丿

P1060163

P1060164

P1060166

P1060168

P1060170

P1060172

P1060173

今日も、サイバーホイールの中でゴロゴロっと出来る時間になったら、すぐに列に並んでやってました(^^)

P1060175

そしてまた波と遊び。

P1060176

昨日と比べると、人が多いです。

P1060177

P1060181

この日は、午後7時くらいまで?プールで遊んだ後、プールのロッカーのところにあるシャワーでシャンプーなどをしてから、お風呂へ移動。

露天風呂で身体を温めてから、お風呂を出て、私は髪は濡れたままで、プールのロッカーの場所に移動。

プールのロッカーのところにたくさん並んでいるドライヤーを使って、髪を完全に乾かしてから、外に出ました。

循環バスを待って乗りますが、とても混んでいて、バスに乗れるか乗れないかというぐらいギュウギュウになりました。あれはきつい・・・。一本逃したら、次は20分後ぐらいになってしまうので、みんな乗りたいし。

この日は、ママが行きたいレストランに行って良いということになっていたので、『ニニヌプリ』に行く予定でした(^^)

本当は、ホテルの次のバス停で降りれば、『ニニヌプリ』にすぐだったのですが、一度部屋に戻って、プール関係のものを置いてから、歩きで向かいました。

タワーからは、通路があるのですが、歩きで10分かかります。一応、ガラス張りの通路の中を歩いていくので、雪で濡れるようなことはないのですが、とても寒いです。

そして通路の周りはとても暗く、タロウは怖がってました(^_^;)

でも、お腹一杯食べる前の、いい腹ごなしになりましたね(^^)v

大人3675円、未就学児は無料。

こちらのレストラン、美味しかったです~♪ 種類もいっぱい!!

ホタテの網焼きとか、てんぷらとか、いくつかその場で調理してくれて渡してくれるものもあったりして。

P1020174

我が家は料理に近い席を選びましたが、窓際の席は、景色を見ながら食べる席になっていました。

↓もう終わり近い時間に撮影したのでガラガラです。

P1020176

ここで料理をとるようになっており、何列も料理が並んでいて、チョコレートフォンデュもあり、子供だけでなく大人も群がってました(^^)

ドリンクは、アルコールが有料。

P1020177

ここで21時まで、お腹いっぱい食べて、支払いは部屋の鍵をみせて部屋づけにしてもらい、また歩いてタワーに戻り、早寝しました(^^)v

| | コメント (2) | トラックバック (0)
|

トマム二日目

朝食は、ホテル一階、フロント近くになる、『ユックユック』へ。こちらは、ビュッフェではなく決まったものが出されるので、早く済む感じはあります。

P1020141_2

P1020142

今日はスキーだ!と、わくわくしてるタロウ。

最初に、お代わり自由らしいパンと、私にスープ、コーヒーか紅茶で紅茶が来ました。そして、牛乳かオレンジジュースを選び、それも運ばれてきます。

P1020143

子供用のセットは、↓こちら。

P1020144

大人用のセットは、↓こちら。

P1020145

なんで子供にはスープがつかないんだろ? そんなに量があるわけでもなかったし・・・。

食べ終わって、スキー用品のショップへ。

実は、この日の朝、コンタクトレンズを流してしまったのです・・・。いきなり(^_^;)

洗面台の、栓をするところは、我が家の洗面台のように、中がとれるようになってるとか、網がかかってるとかそういうのではなく、ただザーッと流れて行くタイプで、栓は抜けないようになっていたので行方を探ることも出来ず。

客室係のかたに電話もしてみましたが、もうどうにもならないそうで(^_^;)

そこで、メガネをかけてスキーする場合って、ゴーグルとかどうなのかを、ショップの人に聞いてみました(^_^;)

いつもはコンタクトレンズをして、普通にゴーグルをつけてるので、様子が分からなくて(^_^;)

ショップの人に聞いたら、『眼鏡対応ゴーグル』、というのがあるそうで、メガネをしていて、その上からゴーグルをつけることになるらしい。メガネとゴーグルだと、両方くもりそうで、みづらいような気がしたけど、とにかく買うしかない。

自由に試着していいですよ、と言われたので、そこにあったメガネ対応ゴーグルを、全て試してみました。

すると、メガネがすっぽり入るのとふちが引っかかって入らないのがありました。

「なんだ、メガネ対応でも入らないのがあるのなら、自分が持ってるのでも変わらないのでは?」

とちょっと思ったりしたのですが(^_^;)、部屋に戻ってまた試してみるのも面倒だし、一番様子がよさそうなのを選びます。3500円ぐらいのからあったのですが、9450円のがフィット感が良かったので、内心、「きびし~」と思いながらそれを購入。

でももっと高いのもありましたね~。いま持っているゴーグルって、いくらで買ったんだっけなぁ・・・。

部屋に戻って、もう一度家から持参したゴーグルをつけてみたけど、メガネはスポッと入るものの、ゴーグルが薄いので、ギュッと押されて痛い。

買ってきたものは、メガネ用に横幅もあるし、厚いので、メガネがゴーグルのレンズにあたりません。そして、このゴーグルを三日間使っていたわけですが、買って良かったです!!!

一度も曇ることなく、水が入ってくることもなく、ピッタリと顔にくっついてくれて、メガネに当たることもなく。

ただ、私はメガネして、ヘアバンドして、ゴーグルしてというスタイルだったので、メガネの耳にかけるところがあたって、そこだけ痛くなったりしましたが(^_^;)

メガネして、太いヘアバンドしたら、痛いに決まってますね(^_^;)

メガネをして、そこへゴーグルをピッタリとかぶせて、それから頭にバンドをまわすようにして、中に空気が入らないようにしてましたが、完璧! バッチリでした。

次回スキー旅行からは、念のためこっちも持って行こうと思いました。

さて、着替えです。

寒さ対策で、ホカロンを一人一つずつ。私はハンカチ代わりにもなるようにタオルマフラーを上着の下に首から提げ、ポケットには携帯・チョコレート・クッキー・財布・タロウのネックウォーマー。

そんなスキースタイルで、一階に降り、まずレンタルショップへ。

タロウにはこの板・ストック・ブーツでした。JALツアーの特典で無料です。

P1020146

大人のスキー3点セット三日間は、JALクーポン支払いなら12枚(6000円)。

レンタルショップの人もまた応対のさわやかなお姉様でしたが(トマムの人達はみんな笑顔を絶やさずに応対してくれる人ばかりだった)、その人とも話して、私はとりあえず板だけ借りることに。

あ、ブーツは、ずっと使っているのがあって持ってきていたので、『3点セット』なんだけど、ブーツは借りませんでした。

板とストックだけ三日間借りるのと、JALクーポンで3点セットを三日間借りるのとだと、JALクーポンで3点セットを三日間借りるほうが安かったので。

そして、タロウの世話をすることを考えると、ストックがあると邪魔だな~、と思いました。

「必要になった時にはまた来ていただければ、すぐ出しますので」

とお姉さんにも言ってもらえました。そして私は結局、最後までストックは借りず、板だけ、借りた形になりました(^_^;)

ショートスキーじゃないからちょっと不安だったけど、イマドキの板は割りと短めなんですね? 板だけで普通に滑れました。

そして、リフト・キャビン1日券は、4800円のところ、JALクーポンなら4枚(2000円)となっていたので、JALクーポン支払いにするつもりでした。

ただ、三日券という記載はなかったので、念のため

「三日分をまとめていま買うってことは出来ますか?」

と聞いたら、あっさりと出来るとのこと。

なので、JALクーポン券12枚(6000円)で支払って、三日券のリフト券をもらい、腕につけたリフト券入れへ。

4時間券なら、JALクーポン3枚なんだけど・・・4時間も滑らない気もするけど、あいだに休憩とか入れたらとか(^_^;)、こればっかりは分からないかと思ったので。

さて、タロウは、去年、スキーキャンプに参加して以来のスキー。私と二人でスキー場に来たのは、おととしの安比高原旅行以来です。

自分の板と、タロウの板&ストックを持って、階段をのぼり(結構きつい)、ゲレンデに出て、まず『ゲレンデに板を平行にして、のぼる』のをやらせます。

まず、ブーツに板をつけるところから。ちょっと手間がかかりましたが、とりあえず履けました。

しかし、ゲレンデに平行に、ママの板と同じ方向で歩けばいいんだよ、と言っても、それが出来ない。

あまりに出来ないので、ちょっとイラッとする私(^_^;) この人、日本語が理解できない???

とりあえず少しだけのぼって、滑らせてみたら、『板を三角』で、ゆ~っくり滑ることは出来ました。

「じゃあもうリフトに乗っちゃおうよ」

ということで、タロウの板をいったん外し、リフト乗り場近くへ移動してから板を履かせて、タロウのストックを私が持ち、タロウのお尻をおしながら、リフトへ。

並ぶ列がなかったので、楽に出来ました。

また、『初心者専用リフト』というだけあって、初心者の子を右側(係員の人がいるほう)に立たせ、見るからに初心者な子の時は、リフトの速度を遅くしてくれます。

そして椅子に座る時も、抱えて乗せて下さるかたや、手をそえてサポートして下さるという。素晴らしい(^o^)丿

正直、自分自身が決してスキーばかりやっている人ではないので、タロウとリフトに乗るのは不安がありましたが、さすが初心者専用リフト!でした。

リフトに乗る時間もあまり長くないので、多少ふぶいていても、寒さでじっとしていられない状態にはならなかったです。

P1020147

そして降りる時。やはり係員のかたがリフトの速度を遅くして下さり、降りるところで声をかけて下さいました。

タロウにストックを持たせて、ストックは前に突き出すようにさせ、私自身はタロウの両脇を軽く持って、自分の板をタロウのほうに寄らないようにしながら、同じ方向へ滑る、で、うまく降りれました(^^) これまた一つクリア(^_^;)

さて、そこからは、タロウを一人で滑らせます。一回目、私は後ろを滑っていて、タロウに後ろから声をかけていました。

とりあえず滑れてました。ただ、まだうまく曲がれてなくて、まっすぐに滑っていくだけ。

緩い坂なので、全然問題なかったのですが、途中、一か所だけ、ほんの少~し急になる坂が。

そこで、タロウが

「止まらないよ~!!!!!crying

と、高い声で叫びながら、スピードがぐんぐんあがっていきます。どうも、板の先が重なってしまっているらしい。

私も慌ててしまって、タロウを捕まえようと、後ろから追いかけたら、タロウの近くでスピードを遅くするのがうまくいかず、タロウを捕まえたのはいいけど、きれいに転ぶことが出来なかった・・・(゜o゜)

転んで、タロウが痛い痛いと泣きます。見ると、タロウの足が変な方向に曲がっていました。

血の気がひきました。タロウの板を外しますが、ブーツを外すのは痛すぎて嫌だと言う。

しばらくそこに座ってましたが、そのうちタロウが下に降りたい!と言い始めて、タロウの板を私が持ち、タロウはストックをつきながら、歩いていきます。

ねんざでもしていたら、歩けるはずもないだろうけど、でもブーツが固いから、添え木がわりになってるとかなのかな・・・とか思いながらしばらく移動していきますが、今度はタロウが、

「やっぱり滑って下まで行く」

と言う。

「だって足が痛いんでしょ? スキー出来んの?!」

「出来る」

と、言われて、

「(これはビックリしただけで、そんなに足は痛くないのかも)」

と内心思いながら、途中で板を付けると、ゆっくりではあるものの、普通に滑って行きました。

とりあえず一度建物に入っって様子をみようということで、たまたま近かったタワー1のロッカールームのほうへ。

ブーツを脱がせてみると、腫れたりしてない、押しても痛がる様子もナシ、大丈夫だったよう。

そこでタロウにも聞いて、やる気はあるようだったので、坂を上って滑ろうか、と、ゲレンデへ。

しかし、すぐにリフトに乗ると言い出し、上に行きます。

今度は、私が先にゆっくり滑っていき、その後をタロウになぞらせるようにしました。

ちょっとだけ急な坂のところは、グルーっと遠回りするようにして、無事通過。

すると、タロウはもうすっかり楽しくなってきたらしく、もう一回、もう一回、と、何度もリフトに乗っては滑るように(^o^)

P1020148

P1020149

P1020150

良かった良かった。リフト券が無駄になることはなさそう(^_^;)

そんなこんなで、楽しくなってしまったタロウは、空腹を感じることがなく、午後二時ぐらいまで滑っていました。

部屋に戻り、タロウはDS。

私は、プールとお風呂へ行くための準備をします。準備万端出来あがってから、循環バスに乗って、『VIZスパハウス』へ。

こちらの料金は、大人は1500円。でも、JALクーポン2枚(1000円)で入場出来て、小学生からが1000円と記載されていたので、1000円分のクーポン券を渡せば、二人とも入場出来るつもりでした。

しかし、スパハウスの受付の人が、6歳から1000円だと言うので、

「確かにうちの息子はいま6歳なのですが、小学生ではないんです。未就学児は無料なんですよね? それとも年齢なんですか?」

と、しつこく聞いてしまいました(^_^;) 保育園児なのですが、子供料金がかかりますか?とか(^_^;)

結局、6歳から1000円だ、と言われて、現金1000円を払って、入場しました。次の日に行った時には、もう、そうなんだと思っていたので、何も言わずに1000円支払いました。

しかし、実際は、やはり未就学児は無料だったそうです。JALツアーのアンケートに答えた時に、パンフレットと違っていた点を書いて伝えた中に、スパハウスのこの入場料の件も伝えたのですが、その時に担当したスタッフの間違いだということで、二日分、返金していただきました。

現地には、二日券というのもあって、それは大人は2000円、子供1800円だったので、タロウが小学生だったら、こういうので安くあげても良かったのかな。

P1020154

プールとお風呂の地図が貼ってありましたが、初めて来るとなかなかよく分からない(^_^;)

P1060142

家から持ってきていたのは、このビーチボールのみ。タロウが、やっぱり浮き輪が欲しいと言い出したので、レンタルショップに行ってみます。

そうしたら、浮き輪を一回借りると、確か500円、だったかな? レンタルフリーというのにすると、800円で、巨大ボート以外のものが全て借り放題ということだったので、それにしてみました。

種類がいろいろあって、とても良かったです。支払いも、部屋づけにしてもらえました。

波の出る時間が決まっていて、その波もまた楽しそうに遊んでました(^^)

1101050014

1101050016

1101050017

それから、サイバーホイールで、プールの上をゴロゴロ転がって行くものもありました。ただ、スタッフの人が横についていて、まわしていく感じなので、本人がまわしているというのではなく、まわされてる中にいる、って感じ?(^^)

最初から数人は、みんなおとなしくサイバーホイールの中でハイハイしたりしてましたが、タロウは、自分が果敢に前転してまわってましたので、周囲から

「おお~!」

という声があがってました(^_^;)

1101050018

1101050020

1101050021

1101050023

1101050024

楽しそう(^◇^)

大きめの浮き輪を借りてきてみたり。

1101050025

1101050027

サメ?の形の浮具を借りてきたり。

1101050028

1101050030

波にのみこまれてゲラゲラ笑ってました(^^)

1101050035

いつまでもそこにいたいと言うタロウを何度も説得して、やっとお風呂に行けることになりました(^_^;) タロウは全然平気そうでしたが、私はちょっと寒かったです(^_^;)

プールのロッカーに上着などを置いて、プールの脇を通り、女性用のお風呂に行くと、こちらのロッカーは別の鍵がついているものでした。

手首につけて、お風呂に入れるタイプのものです。

室内には、シャワー・サウナ・リラックスする部屋?と、水風呂しかなくて、温かいお風呂は、露天風呂のみ!! 外に出て、露天風呂に入るまでが寒~い!!

でも、お湯の中に入ってしまえば、顔が痛いぐらい冷たい以外は、気持ち良かったです(*^_^*)

雪を目の前にして入るお風呂、最高でした(^^)v

お風呂場のシャワーは、シャワー台のレバーだけではなく、手元のボタンを押さないと出ないのがなかなか分からなくて、お湯を出すまで苦労しちゃいました(^_^;)

タロウと一緒なので、のんびり洗っている暇はなく、慌ててシャンプーして、出ます。

外に濡れた髪のままで出たら、絶対に凍ってしまうので、タロウを待たせて、完全に乾くまでドライヤーしました。

お風呂場のドライヤーは、順番待ちになってしまっていたのですが、髪が濡れたままプール脇を歩くことを嫌だと思わなければ、プールのロッカーのところにたくさんドライヤーが設置されているので、そこで乾かすほうがよいと思いました。

翌日はそうしました。

お風呂で身体が温まっているとはいえ、これからホテルへ帰るまでの間に、冷え切らないとは限りません。

タロウも、首のまわりなど、温かい空気が外へ出てしまわないように、完全防備させて、また循環バスに乗って、ホテルへ帰ります。

P1020155

バスの中で寝てしまったタロウでした。

夕飯どうしようか、と聞くと、昨日みかけた餃子が食べたいとのこと。

水餃子定食と、焼き餃子をひと皿注文して、二人で1800円の夕食をとりました。これなら安いし、食べ残すこともないね(^_^;)

P1020156

P1020157

部屋に戻ったタロウは、ベッドに入ったらすぐに寝てしまい、私も早く寝ました。

いつもなら、タロウが寝た後に、片づけしたりいろいろやるのに、ホテルだと何もやることがないからなぁ・・・。睡眠バッチリとれるなあ(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

トマム一日目

1月4日、普通に起きて、朝ご飯食べて、ガスなどを止めて、ゴミを捨てて、忘れ物なく家を出ました。

山手線で、タロウがトイレに行きたくなり、途中下車もしたし、浜松町からのモノレールは、次の快速を待つのが嫌で、先の各駅停車に乗り、追い越されてのんびり着きましたが、まだ余裕はあり。

P1020095

モノレールの、駅の改札横に、模型があり、しばらく見てました。

出発ロビーへ進むと、荷物検査のところは、予想より短い列だったものの、手荷物を預けるところでは大行列となっており、中には焦り気味のかたたちもいたりしました。

我が家はまだ大丈夫! お正月休み中だから、と思って余裕みてきたからね!(*^_^*) それに今回は、初日と五日目は完全な移動日で考えて予定をたてたから、飛行機に乗る時間も遅いし。

手荷物を預けてから、出発時刻まではあと40分間。

でもタロウがもう中に入ろうと言うので、検査を通って、中へ。

今日は、初めて、搭乗半券控えの裏に、マックのコーヒー無料券ではなく、ビックマックセット無料券が出ました! 今まで、コーヒーしか出たことなかった(^_^;)

搭乗口へ進んで行く途中にあった、Samantha Thavasaのエクレアがすっごい可愛かったけど、タロウが欲しがらないのに私が食べるのも・・・、と、とりあえず空弁の、『若狭の浜焼き鯖寿司』840円を買って、待ち合わせ席でパクパク二人で食べちゃいます。

搭乗案内が始まり、タロウのDSの通信機能をオフに、タロウの携帯のGPS機能をオフに、デジカメのGPS機能をオフに、もちろん携帯電話もオフに、とパタパタやってから搭乗。

JAL523便12時5分発、新千歳13時40分着。

機内では隣に座った赤ちゃんは、ず~っとグッスリ。ママさん、ちょうどいい時間帯を選んだのかな(*^_^*)

かわりに後ろ一列に座った家族連れが、騒ぐし、子供は椅子を蹴るし、私の髪の毛ごと椅子をつかむし、ママさんも、客室乗務員さんに対する言葉遣いがひどく、「お茶!」、「なんがあんの?」など上から目線だし、新千歳空港に着く直前には、窓の外のほうを見て、

「まっちろや! まっちろ!!」

、と赤ちゃん言葉しゃべってワアワア騒いでるし、いったいなんなのこの家族は~(@_@;)、と、結構つらかった。タロウも最後に「ああ、うるさかった」、とつぶやいてました(^_^;)

私は体調不良のためか、ウトウトしちゃうほど眠くて、客室乗務員のかたがドリンクを渡して下さっていた時も、水をいただいて薬をのむだけ。

タロウはアクエリアスを持っているからいらないよ、とのことで、私の水を一杯だけもらいました(^_^;)

新千歳空港に着いたら、さすがに寒い!

タロウは雪を見てかなりテンションがあがってましたね(^^)

満席だったので、荷物が出てくるまで、やはりかなり待ちました。

我が家は、飛行機から降りる時、必ずといっていいほど、最後のほうに降りるのですが、それでもいつも必ず荷物が出てくるまで待つことになるからなぁ。

到着口を出た目の前に、JALツアーのカウンターがあり、そこで旅行日程表、JALクーポン5冊、JALスキーパスカード、ナイターの引換券の引き渡しと、JRの往復の引き換えをしてもらいました。

JALスキーパスカードは、単に紙で出来ているカードです。ツアー特典(今回の場合は、託児無料とか、スキーレッスン一回無料とか)を受ける際には、これを提示することになっています。

P1020242

まだ、電車まで時間があるので、タロウが発見した自動販売機でココアをのんでから、地下一階へ。

電車に乗る前に、と、改札より通路奥左手にある、トイレに私が入り、さて、行こう、と思ったら、タロウもトイレ、しかも大きいほうだと言う(@_@;)

「え~! もう時間があんまりないよ、急いでね!」

とは言ったものの、大きいほうじゃあ、そうもいかないだろうし、普段の時間のかかりようから考えれば、もう間に合わないのでは!

その時すでに24分。携帯の乗り換え案内で、次の電車に乗った場合を調べたけど、もう、絶対に間に合わない・・・。どうしよう・・・と考えていたら、27分

「まだしたいけど出てきた!」

と、大声で叫びながら出てきたタロウ(・。・;

あら~、それは・・・。でも、そんなことをちゃんとやるようになったんだ、間に合わなかったら大変だと思って出てきたんだね。へえ~。

そして、ちゃんと14時34分発に、乗ることが出来ました。とはいえ、もう座る場所とか探すような時間はなく、とりあえず乗ったドアの近くに立って過ごすことになりましたが(^_^;)

新千歳空港駅から、南千歳駅は自由席でした。

ひと駅だからすぐだったので、立っていても全然問題なかったです。

南千歳駅では乗り換え時間が少しあり、ちょっと寒かったかな(^_^;)

タロウは雪に喜んで、わざわざ雪が残っているホームの端まで歩いて行ったりしてました(^^)

P1020096

P1020097

スーパーおおぞら7号がやってきました。

P1020098

指定席なんですが、ホームには数字はかいてあるものの、それは何号車かという表示ではなく、何号車の出入口がどの辺に停まるのかが全く分からないので、乗る前に慌てて走ることになったり、乗ってからも一両分、歩きました(^_^;)

我が家の席は、2号車8番CとDでした。

P1020099

座席の前のシートには、チケットを前にはさんで置く場所があり、それを車掌さんがチェックして、また元に戻していきます。

P1020102

14時50分頃に、トマム駅に到着。

降りたら、切符は誰にも、渡すことはなく、手元に残りました。

駅のホームでも歩くことになったし、その後も、階段を上って、またおりてと、結構大変。

ただ、ホテルのスタッフの人たちが、大きな荷物を運んでいる人に対しては、手伝ってたりしていました。

トマム駅からホテルへのバスでは、我が家は立って移動になりました。

結構な人数が乗りこみましたね~。

ホテルに到着。そのままフロントの列に並びます。その時チェックイン作業をしていたのは、3人のホテルのかたたち。

やっと次の順番になった、と思ったら、前の三組がものすごく時間が掛かっていて、ず~っと待たされます。

我が家の番になって、チェックイン作業が終わった時、まだ両側の二家族は何か聞いてましたね(^_^;)

初心者向けのリフトがどうとか話しているのが聞こえました。

そんなことはあとで聞くとか、スキー場の人に聞くとか、後ろに大行列があるんだから、もう少し考えたらどうかな~、なんて思った私でした。ちなみに、しばらくたってフロントの前を通った時は、チェックインしている人は誰もいませんでした。

今回、我が家が宿泊した部屋は、アルファリゾート・トマム ザ・タワー1724号室。禁煙ルーム、朝食付き。

タワーには、1と2があって、タロウは一度エレベーターを乗り間違えて迷子になりました(^_^;) 我が家は、2のほうでした。1でも2でも、エレベーターを降りてすぐのところにスキーロッカーがあって、階段をのぼっていくと、ゲレンデにすぐ出れるようになっています。

P1020240_2

P1020239

部屋は、思っていたより広かったし、二人で過ごすにはじゅうぶん!! 外の様子も見えたし。ただ、カーテンを開けっぱなしにしていたら、隣りのタワーの部屋から丸見えになるので、ずっとカーテンは閉めてました(^_^;)

P1020103

P1020104

JALツアーの特典の一つ、子供へのお菓子セットは、トマムの場合、ホテルの売店に引換券を出して、もらう形になってまして、もらったのは↓こちらでした。

P1020135

朝食券などのチケット。なくさないようにしないと(^_^;)

P1020105

部屋のアメニティは少なめで、男の人が使うカミソリ、歯ブラシセット、ブラシ、綿棒とヘアゴムのセット、だったかな。

P1020136

シャンプー・リンス・ボディソープは、ボトルに入って置いてあり、これと同じものが、VIZスパハウスのお風呂にも置いてありました。

P1020137

部屋の掃除は、基本的にはしない、ということ。タオルと浴衣のみ交換で、あとはそのままです。私は結構こういうほうが楽。お掃除する人の邪魔にならないように、荷物を片づけるのが結構大変で(^_^;)

P1020138

今回の旅行にも、『リセッシュ』は持って行っていたのですが、部屋に衣服の消臭剤が置いてありました。これは嬉しいですね。

P1020139

ホテル内をフラフラしてみた時には、まだレンタルスキーやスキーロッカーのところが混んでいたので、夕方遅くに行ってみたらやはりガラガラ。

まずスキーロッカーの鍵を借りました。そして、タロウと二人で場所をチェック。

レンタルスキーは明日の朝からだし、リフト券も明日の朝に買わなきゃならないから、また明日。

とりあえずホテルの売店などをブラブラと見て回ってから、循環バスでVIZスパハウスへ向かってみます。今日は、スパハウスには行かないけど、様子だけ見て、それとアイスヴィレッジに行ってみようということで。

スパハウスは、入り口からすぐプールの様子が見えるようになっていて、なかなか広くてよさそう!

夏に行った、ルスツの室内プールはかなり狭かったけど、このプールは広いです。

そして、スパハウスを出て、アイスヴィレッジに向かいます。

P1020106

どうもまだ作りかけらしい、滑り台みたいな丘がありました。

P1020107

P1020108

P1020109

のぼった・・・はいいけど、降りるのが怖くて、なかなか降りれないでいるタロウ。

P1020110

その近くにはたき火と、食べ物などのお店が出ています。

P1020112

そして、いくつかある、氷で出来た建物。

P1020113

雪で出来た長いトンネル。これ、作るの大変だったろうなぁ・・・。

P1020114

中には色のかわるライトがついたり消えたりなんかもしていて、とてもきれいです。

P1020115

最初に入った氷の建物は、『氷のバー』でした。氷でつくられたコップに、お酒などを入れて飲めるようになってます。しかも、氷の机といすまで。

P1020116

P1020117_2

中は、写真より薄暗い感じです。

P1020118

そこでお店の人に言われたのが、

「隣りの氷のアトリエで、つくったコップで飲むことも出来ますよ」

ということ。

「そういえば、HPにそういうのが載ってたなぁ」

と、でも、寒いからどうかしら(^_^;) と思いつつ、とりあえずタロウと『氷のアトリエ』に行ってみます。

タロウはやる気満々となり、つくってみることに。

『氷のバー』でドリンク一杯の券つきで、1300円なり。

P1020119_2

P1020124

P1020120

P1020121

P1020125

作ったコップは、宅急便で送れますよ、とも聞いたのですが、その時は私は送る気はなく。

とりあえず、タロウなりに出来あがったというところで、そのコップを持って、また『氷のバー』に戻り、ドリンク券を渡して、りんごジュースを二人で飲みます。

P1020126

P1020127

寒い天候の中、氷の建物の中、氷のコップに入った、冷え冷えのリンゴジュースを飲んで、体は冷えてます・・・。

P1020128

それだけ冷えて寒いと言っているタロウが、『氷のレストラン』に入ったら、

「ここで食べて行く」

と(^_^;)

チーズフォンデュ二人前2500円を注文します。

もちろん、氷のテーブル、氷の椅子・・・。

椅子の上に敷く座布団を下さり、また毛布も一枚渡してくれましたが、体は冷え切ってるタロウ。寒い寒いの連発です。

もう、置物にしか見えないタロウ。

P1020129

P1020130

アツアツのチーズフォンデュがやってきました!

P1020131

P1020132

でも、体が固まって、チーズもお鍋から離れた瞬間にどんどん固まっていく(^_^;)

P1020133

美味しかったです。とにかく寒いだけ(^_^;) 氷のレストランに入る前に、氷のアトリエで氷のコップをつくって、氷のバーで冷え冷えのリンゴジュースを飲んでいなければ、こんなに寒くなかったはず(^_^;)

さて、もう寒くて耐えられないということで、ホテルに戻ることにします。

氷のコップは、持ってバスに乗ったら、水滴が落ちて、迷惑をかけるから置いていこう、と私が説得して、雪の中に埋めてしまいました。

これがタロウにとって、非常に心残りだったようで・・・そこは後日談に続きます。

バスでタワーに戻り、いったん部屋に戻ります。

チーズフォンデュは食べたものの、やはりお腹は空いていて、でもバイキングで食べるほどではなく・・・。

単品で食べる店が集まっているところへ、と行ってみたら、私が想像していたような、フードコートみたいなものではなく、それぞれが完全に単独の店があるところ、でした。

ホテルからは、寒い通路を通っていくことになります。

Nec_0134

いったん外にも出ます。

Nec_0132

ここはスープカレーのお店。

Nec_0133

お腹のすき具合からすると、餃子あたりがちょうどいいかなと思いましたが、いくらに目が無いタロウに付き合って、『北海のお食事処 伸太』へ。

Nec_0127

お子さま丼セット1890円。なぜかパセリが山盛り。

Nec_0128

パセリをはずすとこんな感じ。

Nec_0129

いくらまぐろ丼2100円。こちらもパセリが山盛りでしたが、はずすとこんな感じ。

Nec_0130

結構いいお値段でしたが、こんなものなのかな? 普段、外でいくら丼とか食べないのでよく分からない(^_^;)

チーズフォンデュを食べたこともあって、特にタロウは食べきれず、残してしまいます。

とはいえ二人とも具はしっかり食べました(^_^;)

私は胃薬をのんで、タロウのおまけのゼリーとラーメンは持ち帰ることにして、支払いです。

二人で3990円の夕飯。ビュッフェのお店だったら、3675円で二人で食べられたのだから、ちょっと高くついちゃったかな(^_^;)

19時半に店を出てから、部屋に戻り、タロウはくもんの宿題をやって、お風呂に入り、タロウは漫画みたいな訳の分からない絵を集中して描いていたりしてゆっくり過ごします。

ベッドは二つ。

「ママと一緒がいい」

と言われて、添い寝しましたが、タロウがすぐに寝たので私は隣りへうつって寝ました。

P1020140

私は、ロビーに行けばモバイルパソコンも使える状態でしたが、滞在中、結局一度もロビーへPCを持って行くことはしませんでした。

ニフティもヤフーも、メールは携帯電話でチェックできるし、年始でまだ仕事関係のこともあまりなく。

結局、持参したPCでは、iTunesにいれた曲やビデオを流しているぐらいでした(^_^;)

ホテルのテレビは地デジ化されてなかったので、BSやCSは見れずじまい。おかげで早寝しました(^_^;)

部屋には加湿器、湯沸器などもあり、これがなくて困る、ということはなく。

暖房は、強にしても、暖かい風がずっと出てくるわけではなく、部屋では少し寒さを感じました。

タワーの前には、なんと今年から『初心者専用リフト』!があり、もう~我が家はここでしょう!という感じ(^◇^)

明日はとりあえず、タワーの目の前のゲレンデで練習して、リフトに乗って、滑って降りてこれたら・・・いいな。どうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

バンダイスタジオのなりきりムービー。今度はウルトラマンゼロで撮影

バンダイスタジオでの、なりきりムービーは、前回、『シンケンジャー』を撮影しました。

↓撮影した時の日記。

http://oyajiboo.txt-nifty.com/pooh/2009/07/post-1522.html

↓DVDが届いた時の日記。

http://oyajiboo.txt-nifty.com/pooh/2009/07/post-2b15.html

もう、ゴセイジャーには興味を持ってないし、DVDの撮影をするということはないなぁ、と思っていたら、ウルトラマンゼロのなりきりムービーが始まったという、葉書が届いて、

「へえ~、あれ、でも、ウルトラマンゼロの場合、お父さんと一緒に撮影して、ウルトラマンゼロとウルトラセブンが出てくるっていう内容なんだ・・・。それじゃあうちの場合、無理じゃん」

「あれ? でも、子供だけが撮影して、ウルトラセブンが出てこれるパターンもあるみたい」

ということで、タロウに撮影するかどうか聞いてみました。するとかえってきた返事が、

「それ、パパと撮りたい。パパと一緒に撮りたい。パパがセブンになって、僕がゼロになる」

ということで・・・。ふむ。

どうせ出来ないって言うだろうけど、クリスマス近いし、会いに来るかもしれないから、聞くだけ聞いてみるか、と、タロウ父に聞いたところ、まさかのOKの返事が。

ということで、急きょ、撮影してもらう日程を調整して、撮影することになりました。

うわ~、あり得ない~。

撮影当日、先に私とタロウだけいて、タロウの撮影をしますが、珍しくタロウが緊張してしまったらしく、唇が真っ白になり、吐きそうになってます・・・。

そんな状態の中、とびとびで撮影をしていると、タロウ父が到着。そこから家族のシーンとかいろいろ撮影になりました。

私も、生まれて初めて、『つなぎ』という服を着ました(^_^;) う~ん、ダボダボしてる~(^_^;)

撮影終了して、1月10日の朝に、DVDなどが宅急便で届きました。

P1020259

P1020262

P1020262_2

P1020260

さっそくDVDを見てみると、思っていたよりもちゃんと出来あがってました(^◇^)

01_2 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22_2 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 44 43 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62

私とタロウ父が一緒にうつっているシーンなどは、私には違和感ありありでしたが、タロウは喜んでいたような気がします・・・。

ウルトラヒーローや、怪獣などの戦うシーンは、こちらには全くのせてませんので、ストーリーは分かりにくいですかね(^_^;)

ちゃんとタロウの名前なども出てるし、レイ役の南 翔太さんや、ボス役の小西博之さんが出てきてるし、ウルトラマンゼロの声は宮野真守さん、ウルトラの父の声は大場真人さん、ウルトラセブンの声は森次晃嗣さんと、かなりの配役です(^^)

さて、金額ですが、今回はキャンペーンでセット価格が設定されており、それを選び、また、自宅に届いていた葉書についていた、『写真シール無料』をお願いして、以下の金額でした。

撮影した後に支払ったのは、

ゼロセブンセット28950円・ゼロマイフォト2100円・撮影料3150円・配送料無料・写真シールはプレゼントで無料・ラミネートフォトもプレゼントで無料、合計34200円。

をクレジットカードで支払ったのですが、バンダイスタジオから電話がかかってきて、金額を間違えてましたとのことで。

正しい金額は、ゼロセブンセット28950円・ゼロマイフォト(DVDパッケージに本人の写真)2100円・ウルトラマンのキャラクター利用料1050円・配送料無料・写真シールはプレゼントで無料・ラミネートフォトもプレゼントで無料、合計32100円が正しかったそうです。

差額の2100円は、現金書留で送ってきてくれました。

かなり高いけれど、タロウ父とタロウが、動画を残せる機会はまずないので、我が家にとってはかなり大きなメモリーになった、と思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

キッザニア

去年の秋に、キッザニア東京へ。記事の下書きだけしていて、忘れていた・・・。いまさらですが(^_^;)

今回、到着と同時に彼がやったのは、電子マネーの作成です。私が、おサイフケータイ使いまくりなので、同じことがしたかったらしい。

H642

電子マネー用のカードを作成した後は、銀行へ行き、今までに貯まりまくっていた現金を、銀行に預けます。利息がつくからね(^_^;)

P1010644

20101018123101

到着したのが結構遅かったので、やりたい仕事を選ぶと、あまり数がなく。

宅急便。

P1010646

P1010648

P1010649

P1010650

冷凍食品。この時、行く直前に、冷凍食品のことをテレビ番組でやっていたのを見て、絶対にやるって言ってました。前回もやったんだけど(^_^;)

P1010652

P1010654

P1010657

20101018143811

20101018144420

サッカーとか出来るところもあらたに出来ていて、やりたかったらしいけど、すでに受付は終了しており、このあと2つほど仕事をやってから、終わり間際に銀行の大行列に並んで、お金を預けてから、帰宅しました。

カメラマンさんが撮影してくれた写真もしっかり買って帰りました。

また来たいとのこと。それから、キッザニア甲子園にもまた行きたいと言っていたので、次回関西へ行った時にはまた連れて行きたいなぁ。

やっぱり、6歳ぐらいになって体験したほうが、楽しめるかもしれないなぁ、といまさらながら思ったりして(^_^;)

小学校に入っちゃうと、なかなか行くのが難しいだろうけど、時々行かせたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

ディズニーバケーションパッケージの書類が届いた♪

一月の旅行第二弾! ディズニーランドホテルに二泊する、バケーションパッケージの書類が届きました♪

めっちゃテンションあがりました(^o^)丿

スキー旅行中に宅急便で届けに来て下さっていたのですが、宅急便の人から電話があり、そこで帰宅後に届くよう、変更してもらいました(*^_^*)

P1020230

きゃ~♪ フィルハーマジックだよ~♪ 滞在中、ずっと首から提げて歩いちゃうよ~♪

P1020231

P1020233

三つ折りのパンフレットを開けて行くと・・・

P1020234

じゃじゃ~ん! ドナルドだぁ♪ 3D?(^◇^)

P1020235

フィルハーのプレビューの入場券とか、記念品引き換えチケットとか♪

P1020236

ファストパスや、ミールクーポンなど。自分で切り離して持つのはいいんですが、一枚ずつバラバラに使うものと、全部切り離しちゃいけないものが混在していて・・・。危なく全部バラバラにしちゃうところだったよ・・・

P1020237

オリジナルグッズや、ランチケースセットの引き換えでは、これらがもらえるらしい。

P1020238

ディズニーランドホテルって、ディズニーランドの目の前lovely 当たり前だけど、嬉しいなぁ(*^_^*)

タロウ、頼むから、この時には熱とか出さないで、欲しいよ・・・coldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

運動会で、リレーがあり、走ってたけど・・・遅い気がする(^_^;)

去年の10月に行われた運動会の話で、四月から小学生になるタロウにとって、保育園で最後!でした。

今年は、小学校の校庭を使ってのリレーがありました。

一人につき、一周ですから結構な距離があります。

そして、リレーは、タロウのいる年長組と、一つ年下の組の子達全員が参加の形でした。

後から聞いた話だと、先生方は、何度かの練習の中で、走る早さを見極めて、両方のチームの力が同じになるように考えて分けたそうです(^^)

タロウが走る時は、同じ組の女の子とでした。

しかも、え~、相思相愛?らしいYちゃんとだったので、すごい組み合わせにしたなぁ、と思いましたが(^_^;)

タロウ達の前までで、紅組が白組を大きく引き離しており、当然、紅組のYちゃんが先にスタート、しばらく待ってから白組のタロウがスタート、でした。

2802

2803

2804

2805

2806

2807

2809

2811

2813

若干、タロウが追い付きつつある感じでしたが、次の走者に渡すべき『輪』が、次の子(タロウ達の一つ下の子達)に、うまく渡すことがなされず、赤組に白組が追い付く形に!

2814

2815

その後、白組が赤組を追い抜く形となり、最後には白組が勝ちとなりました。

白組おおよろこびの一方で、紅組はガックリ。

タロウと将来結婚するはず(?)のYちゃんは、悔しくて泣いているのが見えました。

4030

運動会が全て終了した後、ママさんの携帯で、なぜかタロウの写メを撮影している、タロウの仲良しさん。

9619

いったん帰宅後、運動会の打ち上げ?で集まったママさんとその子供たち。

かくれんぼしてました。

鬼が数をかぞえているらしい場面。

9625

そして、ママさん、呼び出されて集められてきたパパさん達は、かなりのアルコールを摂取し、ちょっと壊れている人たちもいました(^◇^) 私もこの日は結構飲みました(^_^;)

小学校では、みんなバラバラになるけれど、近所に住んでいることは確かで、どうなんだろう、卒園後も集まることはあるんだろうか(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)
|

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »