« トマム三日目 | トップページ | トマム五日目 »

トマム四日目

トマム4日目。今日は、ちょっと早く移動したかったので、バイキングではなくて、決まったセットが出る『ユックユック』で朝食をとります。

↓大人のセット。前回と同じかな・・・。このオムレツのような、でもそれよりちょっと固い卵焼きが私はちょっと苦手で、食べなかった(^_^;)

P1020179

子供用のセットも全く同じでした。

P1020180

さて、今日は、もし空いていたら、JALツアーズの特典を使って、ニポクラブの雪遊びにタロウを参加させようと動きました。

本当は、JALツアーの無料特典を使うためには、利用日の五日前までに予約をするんだったのですが、直前まで

「どの日にニポクラブの雪遊びに参加させて、どの日にスキー教室を利用するか」

と迷っていたら、だんだん

「やっぱり現地に行ってから、タロウの様子をみて、当日空きがあったら、運良くOKだったら、参加させるでいいや」

になってしまって(^_^;)

五日前までに予約するか、当日空きがあれば、滞在中一回無料で利用可だったのです。でも今回はそれで正解だったみたいです(^o^) スキーはずっと一緒に滑ったし、ニポクラブは運良く空きがあって参加出来たから。

タワーから、私のスキー板・タロウのスキー板・ストック・タロウのスキーブーツを持って、循環バスで『リゾートセンター』へ。

この日は三連休前日の金曜日で、人も多かったせいなのか、通常の循環バスではない、『リゾートセンター直通』のバスが、時刻表にはない時間でやってきました。

しかも、バスが普通のバスじゃない、立っていられる場所が広いバスだったので、スキー板を持っていた私にはすっごく良かった!! 混んでいる時には、臨時増発するのかな?

リゾートセンター』に着いて、板とストックを、スキー立てのところにさしてから、ニポクラブを探します。

一番メインの建物の、地下一階にありました。

聞いたところ、空きはあるとのこと。ただ、JALのパンフレットに載っていた、10~12時の二時間ではなく、10時半~12時の90分間でした。

リゾートクーポンのメニュー記載内容に誤りがという、紙が挟まっていたのに、それにも載っていなかったから、その後に変更が決まったのでしょうか?

そんなことで、間に合うようにきたのに、30分時間を潰すことになり(^_^;)、その辺をウロウロ。タロウのスキーブーツをコインロッカー(小さいので100円)に入れて、スノーブーツを履かせます。

P1020181

タロウを10時半にお願いして、私は自分のスキー板をかついで、キャビンに乗ります。

四人乗りのキャビンで、

「他の人と一緒に乗らないといけないのかな・・・」

と思っていたら、そんなに混んでいなかったからか、一人でキャビンに乗せてくれました。

かなり長い時間乗ることになったので、一人で本当に良かったです(・_・;) 乗っている間に、ゴーグルをつけ直したり、スキーブーツを直したりいろいろ出来ました(^^)v

そのキャビンに乗っているところから、タロウの様子が見えたので、デジカメでパチパチ撮りました。

P1020182

P1020183

P1020184

P1020185

体操を、『初めてのスキー』チームと、『雪遊び』チーム合同で行って、スキーチームは小屋の近くで練習。

雪遊び』チームは、タロウの話だと、何か乗り物に乗って、近くの林みたいなところへ行き、チョッカリ大魔神(そういうキャラクターがトマムにいるのです)に会い、チョッカリ大魔神が苦手なもの(だったかな???)を聞き出し、それをニポ(これもトマムにいるキャラクター)に、お手紙を書いて知らせてあげる、という流れがあったよう。

そんなことをタロウがしている間に、私はキャビンで一番上(?)まで行って、初心者コースを滑ってきました。

しかし、途中、タロウなら嫌だと言いそうな坂もあったり、逆に、坂じゃなくて平らなところが延々と続く場所がかなり多く、これはスキーで進むのがつらい。

私の場合、ストックを持ってないので、とにかく板で漕いで進むしかなく、ゼエゼエ言いながら、休みながら、平らなところを進んでました(^_^;)

「タロウを上まで連れて行って、滑り降りさせてみたかったけどなぁ」

と残念に思いましたが、無理してスキーを嫌がられてもしょうがない。

リゾートセンターまで滑りおりてきたら、キャビンでのぼって、滑り降りてくるまでに、タロウを預けた10時半から一時間近くかかっていて、残り30分ではもう一本行くことも出来ないし・・・と、板をはずして、リゾートセンターの建物の中の、ショップの中で、イマドキのスキーグッズを眺めてまわりました(^_^;)

そして、12時近くなったので、お迎えに。

手前には、『初めてのスキー』チームが最後の仕上げをしてました。そして、『雪遊び』チームは、暖かい小屋の中で遊んでいたようでした。

P1020186

その後、タロウもスキー板を履いて、タロウが行きたい『アドベンチャーマウンテン』を滑るため、すぐ横のリフトにのることに。これが結構距離が長く、身体が冷えました(^_^;)

そして、レベル1の一番最初の『ドコドコ』というところは、坂が結構急で、タロウはギブアップ。泣きながら滑っていたので、しかたなく板をはずして、私が持って滑り下ります。

タロウはワアワア泣きながら、歩いて降りてきました。

「男なんだから、怖いとか言って泣くな!!」

とか言ってしまった(^_^;) なんか『かあさん』ぽいわ~、私♪

急な部分だけ歩いて降りてきて、緩やかになってきてから、板をつけ、そこからは滑っていきます。

滑るところだけが高くなっていて、そこを落ちないように滑って行くとか、波のようなウネウネしたところを滑って行くとか、いろいろなところがあって、クリアすると、スタンプを捺すことが出来て、スタンプを全部集めると・・というもので、子供が喜ぶように出来てました(^^)

ただし、タロウは、出来なかったのももちろんですが、長い距離のリフトにもう寒いから乗りたくないと言うことで、スタンプは集めることが出来ず!!

まったく、根性ないやつだ。来年、小学生とかになったら、もう少しましになるかしら・・・。

ということで、ここでアドベンチャーマウンテンはあきらめ、ホテルに戻ってお昼ご飯を食べることにします。

循環バスを待って、タワーへ。また板を持って乗りましたが、今度は普通のバスだったので、結構大変でした(^_^;) 自分の分だけだったらなんとかなるんだけど、タロウのと二人分の板ってなんとかまとめてきれいに持ちたくても、結構大変(^_^;)

重くて、バスの乗り降りとかヨロヨロしちゃうし(^_^;)

板などを、いったんスキーロッカーに置いてきてから、『ユックユック』でお昼ごはんです。何組か待ちました。

ロビーでは、チェックイン待ちの人達のために、ジャガイモのスープが配られていました。すごい! タロウももらってしまいました(^_^;) 美味しかったと言ってました(*^_^*)

さて、『ユックユック』に入って、1枚deゴハン『トマトとバジルのマルゲリータ』1155円が、JALクーポン1枚(500円)というのを注文します。

それと、タロウが食べたいと言うスパゲティ。

スパゲティが運ばれてきた後、ピザがやってきました。

でも、ベーコンとトマトのピザ、と言われました。あれ? でもトマトとバジルより、そのほうが私の好みではあったし、何も言わずに食べました。普通のピザより美味しく感じました♪

P1020187

食べ終わって、精算となった時に、

「本当にちゃんとクーポンのピザとして精算してもらえるのかなぁ」

と不安になりましたが、レシートには、『地養豚と玉ねぎのスパゲッティ』1470円・『お任せピザ』1500円・ジンジャーエール420円・紅茶420円の、合計3810円。

そこから、JALクーポン券で1500円が値引きになっており(500円はすでにJALに払ってあるので、この計算で、私は500円払っていることになる)、そして、ウェルカムドリンク券は一枚500円で換算されているため、1000円が値引きになり、その時に支払ったのは、1310円、ということになりました。

ドリンク券は、ドリンクが無料になるというよりは、500円分の金券として扱われたみたいでした。そうだったんだぁ、今回は、500円でピザが食べれて、1310円でスパゲティとドリンク二杯が飲めたんだ、ラッキー♪

ドリンク券には、「滞在中にユックユックで使わなかった場合は、ショップでペットボトル一本と交換します」と記載されていたので、それでもいいかなぁ、なんて思ってましたが、ユックユックで使わないとかなり損していたと思われます。

う~ん、私、細かいなぁ(^_^;)

お昼御飯を食べ終わってから、またタワーの目の前の、初心者専用リフトと、初心者ゲレンデを繰り返し滑ります。

だんだんふぶいてきたので、そろそろやめようか、と最後の一本を滑って、今回のスキー終了!です。

1101080001_2

1101080002

1101080003

1101080004

1101080005

1101080006

1101080007

1101080008

1101080009

1101080010

1101080011

1101080012

1101080013

P1020189

最後にゲレンデでパチリ。

その後、部屋に戻って、少しゆっくりしてから、今夜はアイスヴィレッジへ。

タロウは、氷のコップをつくって、それを雪の中に埋めてきたことがとても気になっていたらしく、どうしてももう一度作りたい、そしてそれを家に送りたい、ということで、最終日にやることにしていました(^_^;)

アイスヴィレッジに着いたら、まっすぐ『氷のアトリエ』へ。

この日は、他にも作っている人が結構いて、にぎやかでした。タロウは一人で全部やるといって、頑張ってます。待っている私は寒い(^_^;)

P1020190

P1020193

そして出来あがった氷のコップは、そのまま家に送ります。発泡スチロールの箱にいれて、そのまわりに、きれいな雪をたくさんつめてくるように言われます。

箱を持って、いったん外に出て、出来るだけ柔らかくてきれいそうな雪を集めて、箱に詰めて行きます。

それをアトリエの人に渡して、アトリエの人がふたをしめ、ビニールテープで密封して、預かってくれました。タロウニコニコ。

その後、たき火のほうへ行って、何か食べよう、ということで、ソーセージとマシュマロを。

P1020197

ソーセージは、お店の人が焼いて渡してくれましたが、タロウは形だけ、焼いてみてました(^◇^)

P1020198_2

私は、マシュマロを焼いてみます。実は、マシュマロを焼いて食べるのは初めて。アメリカの映画とかでよく見てはいるものの、自分が焼いて食べたのはこの時が初めてでした。

P1020201

周りがパリッとしていて、中身がトロッとなって、美味しかったです。でも、たくさんは食べれないな~(^_^;) タロウも、Build a bearvilleというゲームの中では見てましたが、初めて焼いたのを食べて、喜んでました。

↓一番右側のお店は、スープストックトーキョーでした。

P1020202

P1020203

そして、前回来た時には出来あがってなかった、滑り台が出来あがっていて、そりを借りて、滑っている子供たちの姿も。タロウにやってみたらと言いましたが、やらないそうです(^_^;)

P1020204

アイスヴィレッジを背にして、スパハウスへ向かいます。

P1020205

スパハウスの入り口。

P1020206

中に入ったら、カメラのレンズは曇ってしまった(^_^;) プールの様子は、普通に上から見ることが出来ます。

P1020208

P1020209

スパハウス内で循環バスを待ち、ようやく来たバスに乗って、タワーに戻ります。

ちょこちょこ食べたので、ビュッフェに行くほどでもない。丼やスープカレーなどを食べるでもない。それが二人とも。

ホテルのショップをのぞいて、『とかち丸弁当』700円(お弁当というか、肉巻きおにぎりが入っているだけ)を購入。あとは、ホテルで初日にもらったお菓子とか、持ってきていたお菓子の残り、それにインスタントスープを飲んで、夕飯にしちゃいました(^_^;)

明日は東京に戻ります。

ソファで寝ちゃった(^_^;)

P1020212

|
|

« トマム三日目 | トップページ | トマム五日目 »

子連れスキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79165/50535336

この記事へのトラックバック一覧です: トマム四日目:

« トマム三日目 | トップページ | トマム五日目 »