« ヤクルト対広島戦を観戦後、初めてのバッティングセンターへ | トップページ | ウォーキング・ウィズ・ダイナソー、3年ぶり二度目の鑑賞 »

横浜でジャンプまつり・第28回神奈川新聞花火大会クルーズ

タロウは、朝、学校の学習教室からのプールに行き、戻って来るのを待ってお昼ご飯を食べさせ、私はフェイスエステへ行って、背中からのマッサージをじっくり一時間半やってもらい♪

タロウと池袋駅で待ち合わせて、副都心線からみなとみらい線直通電車で、みなとみらい駅下車。

まずは、みなとみらい駅からブラブラとあちこち寄り道しながら、ワールドポータースの横の広場で開催されていた『ジャンプまつり』へ。

しか~し!

アトラクションや縁日関係は、なんと20~70分待ち!

P1050646

内容的にも、「60分待ってこれをやるのならいい」とタロウに言わせる内容だったため、一つも参加せず。

歩いていたら、イベント主催者で配っていたクリスタルガイザーのボトルをもらった。熱中症対策ということかな?

アトラクションの列には並ばず。ただし、フードショップには惹かれたタロウ。

P1050648

P1050647

『銀さんチーズボール』、『三連串パンチ』

そして『麦わらのかき氷』。器にシールが貼ってあるかき氷ですね(^_^;)

P1050649

かき氷を食べながら、ブラブラと赤レンガ倉庫方面へ。あっちに寄り道、こっちに寄り道。

P1050650

そこから山下公園まで歩き、

P1050651

ローソンで涼みながらちょこちょこと買い物。花火大会用にいろんなものが売ってました。暑さ対策グッズとか、場所とり用なのかガムテープが山積みになってたり。

今日乗船する予定の、『マリーンルージュ』の乗り場の場所を確認。我が家が乗船するのは、花火大会観賞用に貸し切りとなったもの。

P1050652

場所だけ確認してから、マリンタワーなど周辺をブラブラ。

受付開始となったので17時10分に乗り場へ行き、目印になるうちわ(シールが貼られている)を受け取ると、17時50分に戻って来てくれとのこと。

公園の向かい側にあるマックで時間を潰して17時50分に戻ってきたら、すぐに乗船が始まり席に案内された。

席は決まっていて、私たちの座る部屋は、子連れ用の部屋となっていた(^^)

P1050653

部屋の中に、バイキングの食事と、飲み物がすべて用意されていて、船が動き始めてからは食事がスタート。

我が家は移動してくるまでにいろいろ食べていたので、ちょこちょこっと食べたら、18時45分頃には屋上へ。

P1050654

19時から花火がスタート!!


P1050660


P1050678_2

今まで、花火を見たことはあるけど、周りにはものすごい人がいたり、遠くから眺めたりで、こんなに人がいないガラガラの中で、花火の全体が見れる鑑賞方法って、生まれて初めてかも(^_^;)

船の離れた場所で小さい子が音に怖いと泣きだしたら、タロウも夢を思い出したとかで何か怖くなったらしく(^_^;)

途中で部屋に戻ってクーラーで涼んだり、飲み物を飲んだりしながら窓から花火を眺めて・・・そのうちに、『ジャンプ』の花火が始まったので、また屋上へ移動。

写真たくさん撮ったけど、ちゃんと撮れたのは『ワンピース』のルフィの麦わら帽子だけだった(^_^;)

P1050673

そのまま最後まで屋上で観て・・・

P1050678_3

P1050680

いや~、すごかった!!

花火が20時半前に終わると、21時前に船が山下公園に戻り、中華街をブラリとしてから帰宅。

二人ともちょっとお疲れ(^_^;)

でも楽しかった! タロウも帰宅したらすぐに「楽しかったね!!」と言っていたので、本当に楽しかったのだろうと思う。良かった(*^_^*)

8月に入ると、一気に忙しくなり、休みなしで毎日仕事になるので、タロウと遊べる時はしっかり遊ばないと、彼も淋しい想いをするもんね。仕事も遊びもガンバろ(^^)v

|
|

« ヤクルト対広島戦を観戦後、初めてのバッティングセンターへ | トップページ | ウォーキング・ウィズ・ダイナソー、3年ぶり二度目の鑑賞 »

子連れでお出かけ(9歳~)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79165/57909254

この記事へのトラックバック一覧です: 横浜でジャンプまつり・第28回神奈川新聞花火大会クルーズ:

« ヤクルト対広島戦を観戦後、初めてのバッティングセンターへ | トップページ | ウォーキング・ウィズ・ダイナソー、3年ぶり二度目の鑑賞 »