« 『実録山田』 山田孝之さん捺印 お渡し会 八重洲ブックセンター | トップページ | 久々にタロウ発熱は肺炎・後半編 »

久々にタロウ発熱は肺炎・前半編

もう12歳・六年生にもなって、インフルエンザ以外はあまり病気らしい事もなく来ていたけれど、木曜の午後に発熱。

水曜①の夜、

「なんか首から下が痛い気がする」

と言われた時、

「これは明日熱が出るんじゃ」

と思っていたら案の定、翌日木曜②の午後に学校から電話があり

「昼は37度5分だったのですが、給食を保健室で食べて午後になったら38度8分になりました。本人が家で休んでいたほうがいいというので担任が自宅まで送っています」

と。

もう出来るだけ急いで家に帰ったところ、ヘロヘロ状態のタロウが。しかし、テレビ見てるし(^^;)

病院に行こう、というものの、フラフラ状態。

病院で待っている間も、結局本人が病院の本棚から借りて来た漫画も読むところまでいかず、ふぅとかはぁとか言って椅子にも座り直してばかりで落ち着かない状態。かなりつらそう。

病院で熱を測ったら39度3分。

インフルエンザの検査をしたけれど、陰性。

医師から「学校ではやっている病気はあるか」など聞かれたものの、お休みしている子もいないと言うし、思い当たる事もなく。ただ、数日前にうちに遊びにきた子でその後溶連菌を発症したと聞いた、と伝えたところ、処方されたのが

サワシリンカプセル250(一日3回1カプセル)ペニシリン系の抗生物質で感染症の治療をする薬(先生の話だと、溶連菌の時も同じ薬を出すとのこと)

メジコン錠15mg(一日3回1錠)咳をしずめる薬

ザイザル錠5mg(一日朝夕2回0.5錠)アレルギー性鼻炎、蕁麻疹、湿疹・皮膚炎、痒疹、皮膚そう痒症の治療に用いる薬

カロナール錠200(熱が38度をこえた時、頭痛が出た時に服用してねとのこと)熱を下げ、痛みをやわらげる薬。1回2錠、一日3回まで。

帰宅後はずっと寝ていて、22時頃に一度起きたのでうどんを食べさせて薬をのませて、また寝て。

金曜③の朝、37度台になって本人は「元気になった」とか言っていたけど、午後になり結局38度。夕方前ぐらいに38度9分になってしまい。

連絡帳やノート類を届けてくれた子達の話では、具合が悪くなった男子が他にもいるらしく、なんらかの病気が流行ってしまっているのかも。

夜には39度5分。昨日より高いけれど、熱に少し慣れたのか昨日よりはヘロヘロにはなってない。

朝昼夜とご飯も少ない量ながら食べているし。

夜については、39度を超えたところで解熱剤のカロナールを服用させて寝かせている。

さてこの土日でどうなるか。

で、結局土④日⑤月曜⑥の三日間も、朝は37度台、夜になると39度台の繰り返し。

うつらうつらと寝てはうなっていて、枕元に氷を入れた水やお茶(withストロー)を常備。

咳で起きる、起きていると咳こむ。

そういえば、高い熱の日が続いたけど、熱性けいれんはなかったよなぁ。小さい頃はけいれん起こしてめちゃくちゃ心配だったけど。

月曜⑥の夜に病院を受診しようと思ったら、タロウが動きたくないと言うので翌朝まで待って、熱が下がっている時間帯に受診しようということにして、夜遅くに「ノーシンAC」をのませて寝かせる。

火曜⑦の午前中、病院は空いている時間帯だとHPに出ていたのに行ってみたら90分待ち。咳をしている人たちが待合室に多い。

相変わらず熱は高いけど昼間なのでヘロヘロまではいかず。でも順番が来るまで車の中で待たせておく。

今日は症状を伝えたところ、レントゲンを撮るのと、血液検査と、唾液?をとってマイコプラズマの検査。

血液検査で採血される時、タロウは異常に腕に力を入れてしまっていて震えていた(笑)

その血液検査の結果は、

WBC:3.9 10/uL
RBC:4.13 10/uL
Hgb:12.8 g/dL
Hct:36.0 %
MCV:87.2 um
MCH:31.1 pg
MCHC:35.7 H g/dL
PLT:167 10/uL
CRP:0.9 H mg/dL

CRPは普通は0のはずで、炎症がひどいと1mgに。タロウの場合はギリギリ0.9だけどそれでも十分に高いという事。 

レントゲンでは肺に白い影があり、マイコプラズマの検査では陽性。マイコプラズマ肺炎(肺炎あり)と診断されて、自宅で絶対安静。シャワーも禁止、寝ながらテレビぐらいはいいけどゲームも禁止、とのお達しが。

処方された薬は、

ジスロマックカプセル小児用100(一日1回4カプセルを三日間)マクロライド系の抗生物質で感染症を治療する薬。

メジコン錠15mg(一日3回1錠)咳をしずめる薬

アンブロキソール塩酸塩錠15mg(一日3回1錠)痰を切れやすく、出しやすくする薬

カロナール錠200(熱が38度をこえた時、頭痛が出た時に服用してねとのこと)熱を下げ、痛みをやわらげる薬。1回2錠、一日3回まで。

この日は車で病院へ行ったにも関わらず、外に出ただけで疲れてしまったようで、帰宅してすぐに早く寝てしまい、23時半頃にちょっと目が覚めた様子のところを無理やり起こして薬をのませたらそのあとは朝まで眠れた様子。

水曜⑧は抗生物質が効いたのか、夜でも37度後半ぐらいの熱になった。マイコプラズマだとハッキリ分かって薬をのんだから効いたんだろうなぁ。

木曜⑨もかなり落ち着いた。少し食欲も戻ってきたかな。でもまだいつもの半分ぐらいしか食べない。

金曜⑩の午前中、再受診。来週の火曜にまた来て、レントゲンを撮って下さいと言われる。

今日はなぜか病院がガラガラに空いていたので、ついでに私のインフルエンザの予防注射をしてもらった。

抗生物質がかわる。

オゼックス錠75mg(一日朝夕の2回1錠)ニューキノロン系の化学療法薬で感染症の治療をする薬。

メジコン錠15mg(一日3回1錠)咳をしずめる薬

アンブロキソール塩酸塩錠15mg(一日3回1錠)痰を切れやすく、出しやすくする薬

インタール吸入液1%2ml(軌道の炎症を抑えて、喘息の発作を予防する薬)

メプチン吸入液ユニット0.3ml(0.01%)(気管支のけいれんをやわらげ、呼吸を楽にする薬)

咳がひどいので病院から吸入器を貸出されて、朝と夜に吸入もしなければならなくなり。

引き続き自宅で安静・・・

|
|

« 『実録山田』 山田孝之さん捺印 お渡し会 八重洲ブックセンター | トップページ | 久々にタロウ発熱は肺炎・後半編 »

育児・小学4年~6年」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/79165/64379351

この記事へのトラックバック一覧です: 久々にタロウ発熱は肺炎・前半編:

« 『実録山田』 山田孝之さん捺印 お渡し会 八重洲ブックセンター | トップページ | 久々にタロウ発熱は肺炎・後半編 »