カテゴリー「歯の矯正」の4件の記事

6歳6カ月、矯正のカウンセリングからスタート。4件の記事。

夜、寝ている間だけつけていた床矯正。前歯はよくなったけど?

もともと、小さい頃から通わせていた歯医者で、

「右側の歯が、反対咬合だから、いずれ矯正しないと」

と言われていたところから、矯正の歯医者を探して、床矯正をすることになったタロウ。

今年の2月から、床矯正の装置を、夜寝ている間だけ、つけていることになった。

永久歯が生えてきてから、前歯の噛み合わせが逆になり、上の前歯が、下の前歯の後ろにおちている状態だったけれども、装置をつけて10カ月、それが直ったということで、その装置に関しては、いったん終了に。

今後は、タロウの歯の生えかわりや、あごの状態を観察しながら、いずれ一般的な矯正装置(ブリッジ?)をつけることになるかもしれない、というところに落ち着いた。

このところは、一か月に一度、装置の調整と、歯の掃除をしていただいていたけれど、装置を外した次の受診は、一ヶ月後にするけれど、その後は二カ月に一度ぐらいでいいでしょう、とのこと。

しかし、今現在、タロウのグラグラしている乳歯が、なかなか抜けずに、ず~っとグラグラしているのがあって、その後ろのほうから、永久歯が姿を見せてしまっている(+_+)

このままいくと、永久歯はだいぶひっこんだ位置から生えてくるはずで・・・。

しかもその場所というのが、過剰歯の場所からかなり近い。

Cocolog_oekaki_2011_12_22_16_15
上あごを下から見るとこんな状態。

過剰歯がうまっている場所のすぐ前に、永久歯が顔をのぞかせていて、グラグラしている乳歯からは歯2本分ぐらい離れている(・_・;)

私の小さい頃の歯って、どんなだっただろうか???

とにかく、歯医者さんが定期的に観察していってくれるのだから、その都度相談していこうと思う。

グラグラしている乳歯が、来月に受診する時でも抜けていなかったら、麻酔して抜いちゃおうって話。タロウにそれを伝えたら、自分でグラグラさせようと思ったらしいけど、でもすぐ忘れちゃってる。

隣りの永久歯前歯に比べると、めちゃくちゃ小さい歯になっているので、ものを食べていても当たらない状態なんだよなぁ。自分でいじってもらうしかないと思うんだけど、忘れちゃうんじゃなぁ・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯の矯正の装置(床矯正)が、欠けちゃった

タロウの歯の矯正の装置が欠けてしまいました(^_^;)

床矯正の装置を渡されてから、一度目の受診で歯医者さんに行って、調整されたあと、かなり外れやすくなっていました。

しゃべると外れて、舌の上に乗ってしまうという感じ。

タロウの場合、寝る時だけ装着していたので、外れて困るということはなかったのですが、ある朝。

朝起きて、口を開けたら外れて舌の上にのってしまったらしく、口を閉じる時か何かに、噛んで壊してしまいました(・・;)

でも、壊れるって、よほど強く噛んじゃったの?? タロウに聞いても、強く噛んだ覚えはないようでしたが、そうはいっても、簡単に折れるようなものじゃないでしょう、きっと・・・。

Photo_3 右後ろが欠けてしまった。

歯医者さんに連絡をとって、数日後に予約がとれ、受診することに。

先生に確認したところ、欠けた状態でつけていても良いとのことでしたが、上あごにはめようとしても、全然はまらず、そのままとれてしまうので、受診する日までは装着せず。

こんな状態で、矯正されていくのかなぁ。

受診して、先生が装置を直しますが、「瞬間接着剤を使おうと思ったが、置いてあるものは、固まってしまっていて、中身が出てこなかったため、とりあえず補修用の材料でくっつけた。ただ、あまり強度がないので、また同じ所が折れる可能性がある。また折れたりした時には来て下さい」とのこと。

その時にはハイと返事しましたが、瞬間接着剤って、普通の? それって、口中で使うものにつけてしまって、体への影響とかはないの? と、ちょっと不安に(・・;)

まぁとりあえず、現時点でそれは使われていないので、あとはタロウがまた装置を壊したりしないようにしてもらえたら。

そして、装置の針金部分の調整がされて、タロウの上あごにピッタリとはまるようになりました。

次回は三週間後ぐらいに受診して、また調整してもらう予定です。

ちゃんと右側上下の噛み合わせがなおっていくといいんだけどなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歯の矯正、床矯正(しょうきょうせい)がスタート

歯型をとってもらい、専門の技師のところで作成された歯型が出来あがる頃に、再度受診。

その時にいろいろな説明があり、また、あらゆる方向から撮影されたレントゲン写真を使って、先生が、タロウの歯やあごが将来的に、どう成長していくのかを予想してもらう、という形でした。

現段階では、受け口になってしまうような可能性や、何かひどい状態になる可能性は低いとのこと。

ただ、いずれにせよ、右側が不正咬合で、上の歯が、下の歯の内側に落ちていく形で噛んでいるのは間違いなく、第一次の矯正はしましょう、第二次の矯正については、その結果次第で考えましょう、ということに。

歯型が出来あがり、それをつかって、矯正の装置がつくられます。

先生のところに行くようになってから、4~5回目、とうとう、矯正の装置が出来て、装着することになりました。

タロウが診察室へ。

私は、支払うお金をおろしに、近くの郵便局へ行きました(結局、クレジットカードが使えることが分かって、ポイントを貯めたい私は、クレカ支払いにしてもらいました)。

あれ? ちょっと思っていた装置とは違って、一見して入れ歯みたいな装置です。

床矯正(しょうきょうせい)という矯正方法で、うわあごにパチッとはめ、上の歯の位置を外側へ押しだしていくようになっているようです。

「ははぁ~、最初から、歯にブリッジをつける方法ではないんだな」

と思いました。まだ乳歯ばかりだもんね。

まずは、歯の位置を外側へ動かしていき、後から生えてくる永久歯を、そちらへ誘導できるようにするようです。

過剰歯がうわあごのところに一本あることもあるし、乳歯が抜けていけばまた装置も作り直したりするのかなぁ?

帰宅後、いろいろネットで見ましたが、床矯正については、賛否両論で、完全にその矯正方法を否定している歯医者さんもいたり。

でも、装置としては、タロウもつけていてすごく痛みが出るようなものではないようだし、私はつけさせておこうと思っています。

ただ、つけていると、ちょっと話し方が舌足らずな感じになり、聞き取りづらい。

出来るだけつけている時間は長くしないといけないみたいなので、様子をみていましたが、今は夜寝ている間につけさせておくことにしています。

自然と口を開けてしまうとか、そういうのはないですね。

食事の時には外さないと食べるのは難しいので、外すことになり、保育園だとその辺がどうなのか分からないので、保育園児でいる間は、登園時には外して、帰宅後にまたつけさせて、あとは食事以外はつけさせておき、寝ている間もつける、というパターンにしています。

二週間後に、また受診して先生にみてもらうので、そこでまた様子も分かるはず。

どうかうまく歯のかみ合わせが治りますように。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

噛み合わせが悪いと言われていたタロウの歯

普段、通っている歯科の先生から、

「噛み合わせが悪いので、矯正を考えたほうがいいかもしれない」

と言われていました。

それを言われてからすでに半年以上経っていたのですが、なかなか矯正のカウンセリングを受けに行くことがなく(・・;)

しかし、11月になって少し余裕が出来たところで、いろいろ検索してみました。

いつも通っている歯科は、メインの先生はすごく丁寧な治療をして下さり、痛みも少なくて、すごくいいんですが、時間帯なのか、メインの先生ではないかたが担当して下さることがあると、痛いし、出血も多くなったりして、受診のたびに、

「今日はどっちかなぁ」

とドキドキしながら通っていました。

そんなこともあって、いつもの歯科で矯正となった時にはどちらが?とか考えてしまって、矯正をメインでやっている歯科を探してみたのです。

まず、通いやすい場所としては『池袋』。

矯正をやっている歯科はたくさんありました。

その中で、休日保育園に通う時に、通り過ぎていた歯科のHPを発見。

最近出来たばかりで、池袋の人通りの多いところからは少し離れた場所にある歯科医院です。

治療を行っているのは、先生一人だけのようでした。

HPから、無料カウンセリングの予約をとり、行ってみます。

最初に、先生がタロウの歯をざっと見ます。

その後に、先生から、カウンセリングを受けました。

タロウの歯は、右手の奥歯の辺りが、完全にずれてしまっていて、上の歯が、下の歯の内側に落ちる形になっているそうです。

不正咬合というらしい。

そのため、歯と歯がきちんと重なってぶつかることがなく、噛むことは出来ても、すりつぶす状態にならないという・・・。

矯正を考えたほうがいいかも、と言っていた歯科のほうでは、あまり細かい話がなく、ただ、したらいいかも、というだけだったので、初めて聞いてちょっと衝撃が(・・;)

今すぐなんとかしたほうがいい!ということではないそうですが、将来的に顎に影響が出てくる可能性はあるということ。

そして、その歯科医院では、歯の写真を、あちこちから撮影して状態をみるということはもちろん、顔のレントゲン写真を撮って、それをもとに、将来、歯の並び、というか、顔全体がどう変化するかという、予測をたてることが可能なんだとか。

歯やあご、鼻などの骨をたくさんの線で結んで、その線の重なり方、角度などから、将来的に、受け口になりそうだとかそういうことを予測し、それの予防をすることが出来る、ということでした。

私自身、あまり歯並びはよくないし、横顔も変ではありますが、ハッキリとここが出てしまっていて、とか、変にへっこんでいて、とかそういうのはありません。タロウ父も、そういうのはないと思います。

でももし、遺伝的に、心配な箇所があれば、それも考えにいれて、予防することも出来るそうです。

先生とやりとりしていて、先生のこともよぉく見ていて、お願いしてもいいかな、と思えてきました。

金額についても説明をして下さり、最初の撮影や歯のかたどりなどなどについてが、税込31500円。

子供の時にする矯正は、どの方法を選んでも、第1期治療は、24万円以内でおさまるとのこと。第2期治療が必要になった場合は、またそこでかかるらしいですが(^_^;) それはタロウが中学生や高校生になってから・・・ということだそうなので、それまでに矯正のためのお金も準備しておかないとかな(・・;)

ただ、1か月に一度、調整・掃除などをしてもらうために通う時の費用はそれとは別ということですので、実際には24万円以上かかるわけですね。

撮影・レントゲン・歯型づくりまで終わったところで、矯正をやめるのなら、31500円だけの支払いで済むということ。

無料カウンセリングに行った日に、お願いすることにしました! 時間がある時にやってしまわなければ!

タロウを連れて、診察台で写真を撮る先生。

口のところに、唇をひらくようなものを取り付けて、歯をむきだしにさせた状態で何枚も写真を撮っているようでした。口の中も鏡みたいなものを取り付けて撮っていました。

その後、レントゲン写真を撮ってました。

そして、歯型をとってました。先生が数を数えていたけど、ゆっくりと20までだったか、結構大変そうだった(・・;)

たぶん、上と下もとったんだろうし。

その後、歯の全体のレントゲン写真を見せていただきましたが、永久歯がいっぱいでした!

といっても、いま生えている乳歯の下に隠れている?状態でしたけど(^^)

ああやって、乳歯の下に永久歯がしっかりとあるのは、なんだか不思議な感じでしたね~。

そして!

一つ、衝撃の事実が!!

タロウの上の歯に、『過剰歯』があるとのこと。

ネットで検索したところ、30~40人に一人はそれがあるものらしいです。私にはなかったってこと、なんだよね?

タロウのその過剰歯は、位置からして、手術して取り出したほうがいいそうです。

帰宅後にネットで検索もしてみましたが、とったほうが良さそう。

先生も言ってましたが、その近くの乳歯がグラグラしてきた時に、抜歯をしながら、手術、というのがいいかもしれないとのことでした。

「え? わざわざ乳歯を抜歯?」

と思ったのですが、こちらも帰宅後にネット検索したところ、乳歯を抜いて、そこから切っていくような形で、過剰歯を抜くようにするのがいいらしく。

歯型などが出来上がるまで、ひにちがかかるということで、次回は2~3週間後に受診の予定です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

アニメ・コミック ウェブログ・ココログ関連 ウルトラマン・ヒーロー グルメ・クッキング ゲーム ショッピング ディズニー パソコン・インターネット ペット 中学入学準備 仮面ライダー 会社設立・起業 住まい・インテリア 子供がお出かけ(5歳) 子供がお出かけ(6歳) 子供がお出かけ(7歳) 子連れでお出かけ(2歳まで) 子連れでお出かけ(3~4歳) 子連れでお出かけ(5~6歳) 子連れでお出かけ(7~8歳) 子連れでお出かけ(9歳~) 子連れで海外・国内旅行つぶやき 子連れスキー 子連れ国内旅行(2歳まで) 子連れ国内旅行(3歳) 子連れ国内旅行(4歳) 子連れ国内旅行(5歳) 子連れ国内旅行(6歳) 子連れ国内旅行(7歳8歳) 子連れ海外(06年01月グアム) 子連れ海外(06年11月グアム) 子連れ海外(07年1月フロリダ・WDW) 子連れ海外(07年9月フロリダ・WDW) 子連れ海外(07年9月WDW準備) 子連れ海外(07年9月WDW現地から) 子連れ海外(08年11月WDWとNY) 子連れ海外(08年11月WDW準備) 子連れ海外(08年11月WDW現地から) 子連れ海外(10年1月DLR準備) 子連れ海外(10年1月DLR) 子連れ海外(17年1月NY) 子連れ海外・DLRとDCAへ行きたい! 子連れ海外・WDWへ行きたい! 携帯・デジカメ 日記・コラム・つぶやき 映画・テレビ 書籍・雑誌 歯の矯正 生協 病気 美容・コスメ 習い事 育児・小学校入学前 育児・小学1年生 育児・小学2年生 育児・小学3年生 育児・小学4年~6年 育児・0歳 育児・1歳 育児・2歳 育児・3歳 育児・4歳 育児・5歳 育児・6歳 野球 音楽